CoD:BO3:アップデートで強化・弱体化された武器性能を検証、パッチ未記載の変更も

CoD:BO3:アップデートで強化・弱体化された武器性能を検証、パッチ未記載の変更も

Call of Duty: Black Ops 3(コールオブデューティー ブラックオプス 3)』に配信された最新アップデートにより多数の武器の調整が加えられましたが、その内容が著名なYouTuberであるDrift0r氏によって検証されたので詳しくみてみましょう。中にはパッチノートには記載のない変更も発見されています。

Black Ops 3 In Depth: Vesper Buff & VMP Nerf (FFAR, Kuda, Man-O-War, & HG-40)

Man-O-War

  • ADS移行速度が300msから317msへ(フレームの影響もあるので恐らく変化なし by Drift0r氏)
  • リロード時間が2.23秒から2.183秒へ(同上)

PS4版での検証が行われた上記の動画では、ADS移行速度が250ms – 300ms程度削減されたFFARと比べ、フレームの影響を考慮するとMan-O-Warへの変更はなかったとされており、PC版とPS4版での違いか、Treyarchのミスである可能性が高い予想しています。

Vesper、FFAR、MX Garand、VMP

最新アップデート1.14にて強化や弱体化が行われた各武器のリコイルは以下の通り。Vesper、FFAR、MX Garandはリコイル減少、VMPはリコイルが増加しリコイルパターンが少し変更されています。

特にMX Garandのリコイル減少に関しては、そもそも精度の高い武器なので気づかない程度の変更で、なぜリコイルが減少されたのかも不明とのこと。

Vesper

Vesper

FFAR

FFAR

MX Garand

MX Garand

VMP

VMP

Kuda、HG 40

それぞれの距離は以下の通り。Kudaは3発キル射程と5発キル射程が減少、HG 40は3発キルの射程が増加しています。

Kuda 3発キル射程

Kuda 3発キル射程

Kuda 5発キル射程

Kuda 5発キル射程

HG 40 3発キル射程

HG 40 3発キル射程

Locus、RSA Interdiction

パッチノートにはありませんでしたが、Locusが腹部ワンショットキル、RSA Interdictionは腕と下腹部がワンショットキル可能と強化されているようです。

L4 Siege

こちらもパッチノートではなくRedditの報告から。クリップごとに4発ではなく、2発ずつリロードするようになったため、リロードキャンセルが有用ではなくなりました。

関連CoD:BO3:アップデート1.14配信、多数の武器やスペシャリストに調整(PS4)

  • 空飛ぶとか マジ危ないし

    Vesper使ってみたけど 初期ほどではないが反動が小さくなってまた強武器に戻ったかな
    しかし武器追加のために500の暗号キーを貯めて引いたけど武器が当たらないんだよぁ…

  • 乃滑

    SMGではvesperの一強時代が復権した感じ。PCだとより扱いが簡単で凄く強いですね。

  • 緋羅@第一部隊「VAI」リーダー

    ガーランドは遠距離を撃つ時に案外反動でズレたりするから個人的にはありがたい

  • hourei

    ワイM8A7ラヴプレイヤー。高みの見物

  • ライト二等兵

    これで自称凸砂()が増えるだろうなw
    kudaの弱体化は痛いって言う人多そうだけどSMGだし射程短いのが当たり前って思えばぜんぜん使えるレベル、、じゃないかな・・・

  • t

    LocusとRSA Interdictionに関してはPC版の方にはちゃんと記述あるね

  • なおまん69

    体感できるほど弱くなったのはKudaだけだな
    Vesperは久々に使ったら敵が溶けて気持ちよかった(コナミ)