PS5と次世代Xboxの発売日は「最短で2019年」 ユービーアイソフトが予想

PS5と次世代Xboxの発売日は「最短で2019年」  ユービーアイソフトが予想

3年目に突入しようとしている『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』を筆頭に、『アサシンクリード』シリーズや『ファークライ』シリーズなどの人気作を世に送り続けているユービーアイソフトが、次世代ゲーム機の発売時期を大胆予想。最短でも2年後になるという見解を明らかにしました。

PS5と次世代Xboxの発売時期

次世代のPlayStationとXboxは最短でも2年後?ユービーアイソフトが大胆予想
これは業績発表の場所に登場したユービーアイソフト最高経営責任者(CEO)のイヴ・ギユモ氏の発言で、氏は下記のように語っています。

「ソニーがPlayStation 4 Proを昨年、マイクロソフトはXox One Xを2017年にローンチしたのを考慮すると、我々は何か新しいものが出てくるのには最短でも2年はあると思っています」「あくまで我々の見解であり、信用のおける情報を元にしているわけではありません」

ギユモ氏はさらに、ソニーとマイクロソフトが現行のコンソールをアップグレードしていく方針に対しても言及。

「ソニーとマイクロフトが、現行のマシンを大幅に強化したことをとても評価しています。技術の進化を活用して、開発者はより良いゲームを作ることが可能になります」「これは、アクセサリーやその他の何かを追加していくよりもベターな方針だと言えます。強化されたマシンではゲームがとても美しく描画できるので、業界にとって大きな助けになります」

ちなみに今後の家庭用ゲーム機は、大幅な刷新で旧機種のゲームがプレイできなくなるようなことはなく、PS4 ProやXbox One Xのように少しづつ進化していくとも予想されています。

『アサシン クリード オリジンズ』大ヒット

業績発表ではその他にも、最新作である『アサシン クリード オリジンズ』が前作の2倍の販売本数を記録していることも発表。『フォーオナー』や『ディビジョン』、『レインボーシックス シージ』などのマルチプレイゲームが主力に思えるユービーアイソフトですが、シングルプレイのゲームにも未来があるという見解も明らかにしています。

『アサシン クリード オリジンズ』第1弾日本語吹替えトレーラー

強力な人気シリーズと新規IPを携えながら、ユービーアイソフトが2年後の次世代ゲーム機の登場を見据えてどのようなサプライズをゲーマーに見せてくれるのかが今から楽しみです。

Source: GameSpot

コメント4
CATEGORY :
  • TV イッチョマン

    家庭用ゲーム機にそこまで性能求めないなぁ
    60fps超えたらもう5、6万円で買えなくなるぞw
    そうなったら素直にPC買うべしw

  • 朧殿

    理想は4Kで60fps張り付き PS5でGTX1080Tiの性能がほしいところ
    その頃のグラボは、2000番台で最高峰は2090TiX でお値段15万円 性能1080Tiの8~10倍
    そんなことより、アセットコルサ2をはやく出してほしい

  • 現行機が1080p60fps出せるのを考えるとやっぱそれ以上の性能が必要になるわけだよね。Proで4Kまでも実現しちゃってるわけだし最低でも4K60fps以上、あるいは8Kが求められると思う。
    でも4Kテレビすらまだまだ普及してるとは言い難いし、60fpsが市販のテレビでは限界値でしょ。
    ほんの4~5年経ったくらいで全国の家庭に4Kテレビやら120fps対応モニタが普及するとは到底思えんし、今現在PS5がいつ出るかなんてのはまるで予想出来ないと思うんだが。

    ただ画質やフレームレートの向上だけでない、PS4や箱1には出来ない何か画期的な新要素が取り入れられるのなら2020年過ぎには出てくるかも知れんね。

  • 早い,、もうちょいps4に頑張ってもらいたい。20年発表で25~28発売で
    いいよ