PS4の国内販売台数、130万台を突破か

PS4の国内販売台数、130万台を突破か

DualShockersによると、“地元”、日本国内でのPlayStation 4の累計販売台数が130万台、正確には1,303,655台を突破したとされています。

これは最新の週間販売台数と過去の売上数を合計して判明した数字だとしており、発売から日の浅いPS4の問題点とされていた「ゲームタイトル不足」が徐々に解消されてきたからかもしれません。最近は特に堅調な売上推移で、長らく週販3万台前後をキープしている模様。
PS4Japan-670x325_compressed
お手軽なモバイルゲームの隆盛による厳しいゲーム業界の状況の中、立派に健闘しているようです。

バイオとBFHの売上

なお上記のソースとするメディアクリエイトによると、『バイオハザード リベレーションズ2』は3機種合計で11.7万本を販売し、PS3版が7.3万本販売本数が最も多い数字。一方『バトルフィールド ハードライン』は4機種合計で10.1万本を販売し、PS4版が6.9万本と最も多くなっているとのこと。

どちらかと言うとライトな『バイオ』はPS3で人気があり、どちらかと言うとコアな『BF』プレイヤーはPlayStation 4への移行が早いと言えそうです。

RECOMMEND