レスター・シティのサッカー選手、試合観戦よりCall of Dutyを優先

レスター・シティのサッカー選手、試合観戦よりCall of Dutyを優先

プレミアリーグの最中、日本代表FW岡崎慎司も所属するレスター・シティーのエースストライカー ジェイミー・ヴァーディ選手は、試合よりもPlayStationのゲームが気になるようだ。

プレミアリーグで2位トッテナムに勝ち点差5をつけて首位で週末を終えたレスター・シティだが、2位のトッテナム、3位のアーセナルがともに敗れた3月2日の試合についてこう語った。

試合結果が我々にとって良い結果になったらしいけど、私はPlayStationでCall of Dutyをプレイしてた。リヴァプールvs.マンチェスター・シティはもう一つのテレビでつけていたけどね」

たださすがに自分たちを追っているチーム同士の対決は観戦したようで、チームメイトらとホテルでトッテナムvs.アーセナル戦をチェックしていたと報じられている。

このニュースを目にした開発元のTreyarchは、「公平のために言うけど、『CoD:BO3』の武器ダブルXP期間中だったんだよ。」と精一杯のフォローを行った。

Source: The World Game, theWORLD

コメント9
CATEGORY :
TAG :