オーバーウォッチ:最新アップデートパッチ公開、ヒーロー調整やバグ修正など(PC/PS4)

オーバーウォッチ:最新アップデートパッチ公開、ヒーロー調整やバグ修正など(PC/PS4)

PC/PS4版『Overwatch(オーバーウォッチ)』向けの公式パッチノートが公開されました。マクリーとウィドウメイカーは単純な弱体化ではないバランス調整が行われており、話題となっていたマップのバグ修正などが行われます。アップデートは本日中には配信される見込み。

マクリー

  • ファニング
    • 威力が70から45に減少
    • リロード開始までの時間が0.75秒から0.3秒に減少

デベロッパーのコメント:マクリーはすべてのターゲットに対して有効すぎたところがあり、多くのシチュエーションにおいて必須のヒーローと感じられていた。ファニングのダメージを減少させることで、ロードホッグやラインハルトのようなタンクに対しては大幅に弱くなったが、トレーサーやゲンジのような小さなターゲットに対しての有効さは維持されている。

ウィドウメイカー

  • ウィドウズ・キス(スコープ)
    • 基本ダメージが15から12に減少(チャージ毎の威力倍率は変更なし)
    • ヘッドショットのダメージ倍率が2倍から2.5倍に増加
    • 「スナイパーモード」へ再度移行するには、「スナイパーモード終了」のアニメーションが終わるまで待たなければならなくなった
  • インフラサイト(アルティメット)
    • アルティメットのチャージコストが10%上昇

デベロッパーのコメント: 正しく運用されると、ヘッドショットを当てずともボディショットのみでも手がつけられないほど強力になり得た。今回の変更は彼女のヘッドショットのダメージを保ったまま、ボディショットのダメージを弱体化するのもになっている。また、彼女のアルティメットアビリティ「インフラサイト」はあまりにも頻繁に使用できたため、ゲームへの影響を考慮して調整した。

バグ修正

全般

  • カスタムゲームの「高帯域幅モード(60 tick)」での安定性を向上

ヒーロー

  • マーシーの2番目のアビリティ(右クリック)を、シールドもしくはメイのアイスウォールに撃つことでアルティメットをチャージできないようになった
  • リーパーが異常な場所にテレポートしないようになった

マップ

  • シンメトラのタレットバグを含む、Doradoでの幾つかのバグを修正

Source: Master Overwatch

購読
通知
guest
9 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ks
ks
4 年 前

PS4アプデきてないのにこういう書き方はよくないと思いますというかやめろ

あ
4 年 前

どういう意図があってどういう修正をしたのかってちゃんと開発者が解説してくれるのはいいなあ
俺がやってるゲームのほとんどが謎修正ノーコメントだから困る

GIA
GIA
4 年 前
返信する 

大事なのはそこなんだよな。
オーバーウォッチはそういうとこでも最高傑作

れれれ
れれれ
4 年 前

良く使うウィドウメイカーやってみましたが、自分的には強化された感じでした笑

わけちくり〜
わけちくり〜
4 年 前

csのウィドウメーカーは弱体化する必要無いだろう….

ああ
ああ
4 年 前

ファニングのあとに近接攻撃してリロキャンする必要がなくなったのか
リーパーのリロキャンは仕様ってことでいいのかな?

ARA ARBA
ARA ARBA
4 年 前

これは…
豚増加不可避では

ロードピッグ
ロードピッグ
4 年 前
返信する  ARA ARBA

豚のフックの当たり判定がもう少し小さければいいのにね。

S
S
4 年 前

バグ修正は嬉しい