CoD:IW: ユニークな新武器7種がリーク、プレイ動画もあり

CoD:IW: ユニークな新武器7種がリーク、プレイ動画もあり

新たなボイスオーバーパックやパーソナライゼーションパックを追加するアップデートが配信された『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』ですが、アップデートの中から7種の新たな武器が発掘。さらに一部武器のプレイ動画も公開されました。

外観なども未完成であることから、開発中の武器群であると予想されます。詳細とプレイ動画は下記。

Model 2187

Model 2187(1887)は大きな更新が入り、アニメーションやアタッチメントが全て正しく動作するようになった。迷彩機能のみ動いていない。射程はライフルバレルを装着しても不安定で、パッチ後の『CoD:MW2』のModel 1887に似ている。

BARRET 50CAL

BARRET 50CALは75%完成といったところで、詳細を把握するためにはアニメーションの修正などの変更が必要。発射ごとにボルトの操作をしてリロードする必要あり。

GAUSS(新たに発見)

とても興味深いLMG。セミオートだがVolkの名前と共に発見された。もしかしたらLMG、アサルトライフル、スナイパーライフルを組み合わせたものかもしれない。最も特徴的なポイントは1発ずつチャージして発射できる点で、チャージが長ければ長いほど威力も増す。マップの端から敵を1発でキルできる。

LONGSHOT

スナイパーライフルとショットガンのハイブリッドのように見受けられる。ロードアウトのアイコンがスナイパーなのに対し、ゲーム内ではスナイパーライフルのような挙動をするショットガンになっている。ゲーム内の表記はRack-9となっており、落ちている時のモデルもRack-9のまま。『CoD:MW3』のUSAS 12を連想させる。

USNALMG

バースト発射式のLMG。銃弾が自動生成されるのに加え、ユニークなグレネードランチャーが装着されている。プレースホルダー(仮データ)として既存の武器R.A.W.が使用されている。

TACBURST

USNALMGと同様、バースト発射式の武器でグレネードランチャーが装着されている。プレースホルダーとしてOSAが使用されている。

MAG

Hailstormがプレースホルダーとして使用されている以外の情報はあまりない。セミオート式。

『CoD:IW』は絶賛発売中で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のダウンロード特別版やレガシーエディションには『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱。

Source: Reddit, Reddit via iwだいすき Thanks!

RECOMMEND