Nintendo Switchの全世界販売台数が1000万台突破、発売開始からわずか9ヶ月

Nintendo Switchの全世界販売台数が1000万台突破、発売開始からわずか9ヶ月

Nintendo Switchの全世界での販売台数が1000万台を突破しました。2017年3月3日に発売が開始されたので、ちょうど9ヶ月での大台達成となります。

充実のソフトラインナップ

ゼルダ

Nintendo Switchは携帯しても遊べるゲーム機として発売されました。好きな時に好きな場所で遊べるのをウリにしており、出先で暇をつぶしたり、友達と楽しみを簡単にシェアできるようになっています。みなさんも、飛行機や電車内でプレイしている人を見かけたことがあるのではないでしょうか。

発売当初はソフトラインナップの乏しさについて懸念の声も上がっていました。しかし、年末を迎えてみれば『ゼルダの伝説 ブレス
オブ ザ ワイルド』や『スーパーマリオ オデッセイ』がGOTYを受賞しています。

また、オンライン対戦も『ARMS』や『スプラトゥーン2』などのタイトルでしっかりカバーしてあり、任天堂がしっかりと力を入れていることが窺えるソフトラインナップになっています。

今後も『ベヨネッタ3』や『星のカービィ スターアライズ』や『ロックマン11 運命の歯車!!』や『DOOM』など、多くの期待タイトルが控えているため、本体需要さえ満たせば今後ますます売上を伸ばしていくことになりそうです。

関連記事The Game Award 2017 受賞タイトル発表: ゲームオブザイヤー 2017は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で『PUBG』や『The Last of Us Part II』も受賞

Source: Business Wire