Fallout 76:核ミサイル発射と建築要素を紹介する新トレーラー2本公開、創造と破壊のゲームプレイ

Fallout 76:核ミサイル発射と建築要素を紹介する新トレーラー2本公開、創造と破壊のゲームプレイ

11月14日発売予定の『Fallout 76』にて核ミサイル発射と建築要素を紹介するトレーラーが公開されました。先日公開された2本の新トレーラーと同じく2018 Bethesda E3 Showcasenのカンファレンス内で使用された動画と同じもので、核ミサイルを発射するための手順と、拠点建築の一部が確認できます。

Fallout 76 核ミサイル発射トレーラー

Fallout 76 – The Power of the Atom! Intro to Nukes Gameplay Video

このトレーラーはシリーズお馴染みのVault-Tec製アニメから始まり、核戦争後の世界で身の安全を確保するためには「核」が必要であるということを説きます。その後、コードを集めて管理施設を制圧し、指定した場所に核ミサイルが発射される様子が確認できます。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

かつて1杯の砂糖を借りるために来ていた隣人が、今日は殺人のために来るかもしれない→じゃあ核武装して身を守ろうぜ!というラジカル理論。「核兵器のせいで荒廃した世界で身を護るために核が必要」というのは本シリーズの中でも最大級に壮大なブラックジョークかもしれません。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

トレーラーを確認する限り、核ミサイル発射の手順は、

  • 基地跡に乗り込み、オフィサーグールからコードを集める
  • 所定のコードを集めたら管制施設に乗り込む
  • 制圧後、発射地点を選び発射

という流れになるようです。

プレイヤー側が何かと物入りなパワーアーマーを当然のように着込んで完全武装していることを初め、これまでに公開されたトレーラー中比べて、敵も味方もかなりレベルが高いこと、そして複数のコードを必要とすることから、『Fallout 76』におけるエンドコンテンツのような扱いになることが推測されます。

また、核ミサイル着弾後の場所は敵が強くなる代わりに貴重な物資が手に入るエリアになるようです。あちらこちらで核ミサイルが撒き散らされてしまうと、最終的には強化が十分でないプレイヤーが一歩も出歩けない過酷すぎる環境になる気がしますが、その辺りの調整がどうなっているのか気になるところです。

Fallout 76 フォールアウト 76
ヤバいモンスター・ウェイストランド代表のデスクロー。名前が変わっているので変異体と思われる。当然、周りの土地は放射能汚染されているので、非常に危険なエリアになりそう。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 拠点建築トレーラー

Fallout 76 – A New American Dream! An Intro to C.A.M.P. Gameplay Video

「人間と獣を分けるのは何かを造りたいという欲求である」という名言?から始まるこちらのトレイラーは、前作『Fallout 4』から引き続き登場する建築要素が紹介されています。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

本作では『Fallout 4』のワークベンチに変わって、“C.A.M.P.(Construction and Assembly Mobile Platform)”と呼ばれるツールを使ってクラフトしていくことになります。直訳すると“建築・組み立て用移動プラットフォーム”でしょうか。クラフトエリアごとに固定されていたワークベンチと違い、好きな所で使用可能なようです。

トレーラーではC.A.M.P.設置の際にキャップを消費して、クラフトには別途資源を使う様子が映されています。ミサイルタレットの建築画面では必要な資源と必須アビリティと思われる“Home Defender Lvl.3”が表示されており、この辺りは『Fallout 4』のシステムを引き継いでいるようです。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76

テントやソファーなどが設置されていて非常に快適なそうな拠点ですが、作っておしまいではなく襲撃イベントが発生するようです。『Fallout 4』では設置してある資源と防衛力の大小関係で襲撃の頻度が変わり、攻めてくる敵の強さは主人公のレベルなどに依存していました。マルチプレイ推奨である本作ではどう変わっているのかが注目されます。

さらに、今作の拠点は移動も可能だとベゼスダから明かされています。移動というのがどのスケールで行われるかにもよりますが、エリアによって敵の強さが変わっていくことが推測されるため、利便性と安全性を考え、どこに拠点を構えるのかも重要になりそうです。

Fallout 76 フォールアウト 76

Fallout 76 フォールアウト 76
過激すぎるインスタ映え

最後になりますが、本作テーマソング“Country Roads”のカバーソングが7月4日からiTunes Storeで発売される予定です。得られた収益は100%慈善団体に寄付されます。日本でも適用されるかは不明ですが、興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

『Fallout 76』の発売日は11月14日で、対象プラットフォームはPlayStation 4,Xbox One,PC。

Source: Bethesda YouTube