手のひらプレイステーション:「プレイステーションクラシック」が12月3日から数量限発売(9,980円)

手のひらプレイステーション:「プレイステーションクラシック」が12月3日から数量限発売(9,980円)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、1994年に発売した「プレイステーション」のデザインをコンパクトなサイズで精密に復刻し、懐かしの「プレイステーション」ソフトウェアタイトルを20作品内蔵した「プレイステーションクラシック」を、日本、北米、欧州で希望小売価格9,980円+税/99USドル(税抜)/99ユーロ(税込)にて、2018年12月 3日(月)より数量限定にて発売することを発表しました。

プレイステーションクラシック

20の懐かしのタイトルがHDMI接続で遊べるうえに、コントローラーが2つ付属するため対戦や協力プレイも可能。ディスクを入れ替える「OPENボタン」でゲームを切り替えるという愉快な仕様です。子供が産まれたプレステ世代のゲーマーパパ・ママが子どもと一緒にやるのもよし、シンプルに昔を懐かしんで仲間やソロでやるもよし。まずは以下の映像をご覧ください。

「プレイステーション クラシック」アナウンストレーラー

1994年12月3日(土)に日本で発売を開始した初代「プレイステーション」は、当時としては革新的な3DCGのリアルタイム描画を実現し、記録媒体にはCD-ROMを採用することでソフトの大容量化を可能にするなど、90年代以降のゲーム業界に大きな影響を与えました。「プレイステーションクラシック」はその「プレイステーション」の外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになって復刻されます。

懐かしのタイトルを20作品内蔵

  • 『R4 RIDGE RACER TYPE 4』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • 『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』(SIE)
  • 『鉄拳3』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
  • 『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』(株式会社スクウェア・エニックス)
  • 『ワイルドアームズ』(SIE)などなど

「プレイステーション クラシック」には、テレビなどの外部ディスプレイに接続するためのHDMIケーブルと、本体の電源供給時に市販のUSB対応ACアダプターに接続するUSBケーブルが付属。また、専用コントローラが2つ同梱されているので、対戦や協力プレイにも対応しています。

「プレイステーションクラシック」画像ギャラリー

復刻パッケージ

「プレイステーションクラシック」 商品概要

  • 商品名:「プレイステーションクラシック」
  • 型番:SCPH-1000Rシリーズ
  • 発売予定日:2018年12月3日(月)
  • 希望小売価格:9,980円+税、$99USD(税抜)、€99(税込)
  • 同梱物
    • 「プレイステーションクラシック」本体 × 1
    • コントローラ×2
    • HDMI®ケーブル× 1
    • USBケーブル×1※4
    • 印刷物一式
  • CERO:審査予定
  • 権利表記:©Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved. Design and specifications are subject to change without notice.

Source: Pressrelease