CoD:BO4:製品版はティックレートが異常に低い20Hzで弾抜けや理不尽デスが発生中、Treyarchが改善を約束

CoD:BO4:製品版はティックレートが異常に低い20Hzで弾抜けや理不尽デスが発生中、Treyarchが改善を約束

Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』で対戦と共闘が楽しめるマルチプレイヤーとBlackout(ブラックアウト)モードですが、マルチプレイヤーサーバーのティックレートが20Hz(1秒に20回更新)と異常に低いことが判明しました。マルチプレイヤーでは送信速度がベータ版の60hzから20hzに引き下げられており、サーバーの更新間隔の約3倍の時間を要することになります。

ただしTreyarchはこれが「ローンチ直後の安定性を重視したための構成」だと説明、近く改善される見通しです。

マルチプレイヤーはベータ版からダウングレード

シューターゲームでのネットワーク検証に定評のあるユーチューバーBattlenonsense氏も両モードを検証したところ、ベータ版のマルチプレイヤーでは60Hz稼働だったものの、製品版では20Hzにダウングレード。一方のBlackoutはベータ版から改善され、降下時は40Hz、その後も20Hzを維持するようになっています。ただしこちらも最適化されておらず、敵味方ともにpingが良好でも隠れた後に被弾するなどの現象が起こっています。他の検証ではもっと高いとの話もありますが、いずれにせよ振り幅が大きく不安定だという結果です。

BO4: 20Hz Tickrate Downgrade Because Of Blackout?

ティックレートが低いと単に射撃してから着弾するまでに遅延が発生するだけでなく、高レート武器に関しては2発まとめてパケットで送られることもあるため、理不尽に1フレームキルされることも発生します。なお『CoD:WWII』では60Hz、『CoD:IW』では20Hzでした。

bo4 server

また、画面のキャラクターと実際に弾の当たる範囲に剥離が見られ、20Hzだけではなくヒットボックス設定が正確ではないとの検証動画も公開されています。

20Hz tickrate isn’t the only issue. WTF are these hitboxes from r/Blackops4

Treyarchは改善を約束

これに関しTreyarchは「一度に大規模な数のプレイヤーが多くのグローバルサーバーにアクセスするゲームのローンチに対しては、ゲームの安定性を最優先に構成している」と説明。今後2週間のうちにネットワークアップデートを行うと約束しています。これは過去作のようなサーバーにアクセスできないといった致命的な問題を避けるためにも、納得の対処だったのではないでしょうか。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: reddit