CoD:BO4:統計サイトや公式アプリが使用不能に、API変更で

CoD:BO4:統計サイトや公式アプリが使用不能に、API変更で

プレイヤーの統計データなどにアクセスが可能になる『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』のAPIに行われた変更により、各統計サイトや公式アプリであるコンパニオンアプリが影響を受け、使用不能な状態に陥っていることが判明。一部のサイトは復旧方法をすでに発見していますが、ActivisionとTreyarchの対応に疑問が集まっています。

APIのアップデートにより利用が不可能に

もともと、API自体は公に使用されるのは想定されていなかったようで、ドキュメントも用意されていませんでしたが、「My Call of Duty®」や公式アプリのコンパニオンアプリを通してアクセスが可能でした。

それが、現地時間の3月1日にAPIに適用された変更により、以前は必要でなかった認証が必須となった他にも、外部からのリクエストに対して厳しい速度制限などが強制されるようになりました。

開発者の報告によると現在は、APIに対してデータのリクエストを送ると「許可がない」という主旨のエラーメッセージが表示される状態になっているとのことです。

一部サイトではすでに解決策も

様々なゲームのプレイヤー統計を取り扱っているTracker NetworkはAPIの変更後に様々な協力を得て一時的な解決策を発見。サイトは復旧したものの、これ以上の制限を恐れて解決策を公開することはできないと報告しています。

Tracker Networkはコミュニティーに有益なデータをオープンにアクセスできる状態にするのは、ゲームの改善に繋がるとしActivisionとTreyarchに対して呼びかけを行っており、彼らの協力無しには統計サイト等が弊社に追い込まれると訴えています。

コミュニティーからも昨今の『CoD』でアクセス可能なプレイヤーデータが減少していることを悲しむ声も多く聞かれています。実際に『CoD:BO4』では2018年の10月に実装されるとされていたゲーム内のリーダーボードやコンバットレコードの姿は今も確認することはできません。

データへのオープンなアクセスは開発者とパブリッシャーの方針にもよりますが、今後はより誠意ある対応が求められそうです。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Charlie Intel

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By bb aa

    他のゲームもそうだけどゲームの戦績とか勝手に集計しまくって公開してるサイト大量にあるけどあれ著作権とかいろいろ大丈夫なんかね(堂々とやってるからセーフなんだろうけど)
    細かい情報まで集めてるからとんでもない量アクセスしてそう

  2. By uma

    リーダーボードは普通にいませんでしたか。ソートが出来ないのは不便ですが

    先入観、偏見も増えるデメリットはありますが、r6s程度とは言わないけど少しコミュニティに情報を出して欲しいところ

コメントする