『ボダラン3』先行プレイレビュー :「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!

『ボダラン3』先行プレイレビュー :「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!

9月13日に発売される『Borderlands 3(ボーダーランズ3)』を一足早く先行プレイしたうえでのレビューをお届けします。 その内容は長年待っていたファンを満足させる「バッドアス(超最高)」な出来でした。

待っていたぞ『ボダラン3』!!!

これまで筆者は『Destiny』シリーズをはじめ、『フォートナイト 世界を救え』、『アンセム』『ディビジョン2』といったゲームをプレイしてきました。 しかし、これらのタイトルをプレイしていながら頭の片隅にはつねに「『ボダラン』の新作がリリースされないかな」という思いを抱えていました。なぜなら、これらのゲームタイトルに興味を持つ原点になったのが『ボーダーランズ』だったからです。 そして、今年3月のボストンでその夢が現実になると発表されました。 そんな夢だったゲームの序盤をクリアした段階でのネタバレなし早期レビューとなります。

3だけど初めての人も安心

ナンバリングタイトルとしては7年ぶりの新作となる『ボダラン3』。大人気シリーズながら長いブランクのために「名前は知っているけれどプレイしたことはない」という方も多く、そういった方々のためにこのゲームのジャンルを簡単に説明しますと、「FPS/TPS視点で銃やロケランを撃ちながら、RPGみたいに悪いやつを倒してレベルを上げて、魅力あふれる装備を手に入れるハクスラ要素」を持ったジャンル、それがルーターシューターと近年では呼ばれています。

『ボーダーランズ』はこのジャンルに火をつけた先駆者として知られています。ナンバリングタイトルとしては7年ぶりとなる本作は、足りなかったところは補いつつ、過去作の良さをありとあらゆる方向で進化させています。 プレイしながら「コレだよこれ!」と何度も思わされると同時に、別作品の良いところを貪欲に取り入れることでゲームの完成度を上げているのを実感できます。(例: 障害物よじ登り、どこでもファスト・トラベルなど)

もちろん、ナンバリングタイトルとはいえ新しいプレイヤーにも楽しんでもらえるように、過去作のあらすじはゲーム開始時に説明されます。 プレイヤーが操作するキャラクター達も新たに登場したのでシリーズ未経験でも置いてきぼりにされず楽しめるように随所に配慮がなされています。

強力なペットと戦うFL4K(フラック)でプレイ

ボダラン3: 先行プレイレビュー !「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!

筆者はこれまでにもいくつかの先行体験会に招待をいただき「アマーラ」、「ゼイン」、「モズ」をプレイしていたので、今回は「FL4K」を選択。

FL4Kの特徴はペットを召還し共に戦うビーストマスター。ペットは召還したら死亡しないかぎりつねにフィールドにいてプレイヤーをサポートしてくれます。死亡してもお別れになることなく1分経てば復活します。そして、撫でて可愛がることもできます。

FL4K自身も透明になれるので緊急事態でも生存しやすく、スキルを取ればペットが蘇生に駆けつけてくれるようにもなります。 一人でプレイしていても常に頼もしいペットが寄り添ってくれるので、初心者でもプレイしやすいキャラクターだと感じました。

抱えれきれないほど溢れる戦利品

「ルーターシューター」の魅力は敵を倒したり宝箱をあけたりしたときの戦利品です。 この戦利品の数の多さや質がプレイヤーのモチベーションを駆り立てるのですが、『ボダラン3』はあきれるほどにたくさんの装備がいたるところからドロップします。 敵、宝箱、段ボール、冷蔵庫、公衆便所。ありとあらゆるところから様々な装備がでてきます。

これまでの『ボダラン』シリーズも装備のドロップは多かったですが、今作はそのなかでも飛びぬけたドロップ率だと、歴代作品をプレイしてきた筆者は感じます。 実際、アイテムを整理し終えたばかりなのに、10分後にはアイテムを持てなくなり処分に戻るかその場に捨てるかを迫られる場面がたびたびあり嬉しい悲鳴を上げ続けさせられています。 しかし、これこそがハクスラ要素の楽しい部分なのです。

あと地味ながら嬉しい変更点が二つありまして、一つは箱などを開けたときに弾薬や薬を自動で拾ってくれるようになりました。いい変更です。 もう一つは拾い忘れていたアイテムを回収して届けてくれる「ロスト・ルート・マシン」の登場です。 なんと、筆者はレア度の高いレジェンダリー品を回収しわすれていたという事故があったのですが、ロスト・ルート・マシンがしっかり届けてくれました。 というよりマシンを開封していきなり金色の光が出てきたので衝撃で声を出してしました、リアルで。

ボダラン3: 先行プレイレビュー !「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!
こんな派手なものをいつ見落としたのか不思議でしょうがないですが、ありがとうロスト・ルート・マシン

初心者でも楽しめる「イージー・モード」実装

『ボーダーランズ』シリーズはFPSとしては難易度が高めに設定されており、ゲームに不慣れな方には厳しい場面もあるゲームでした。 ところが今作はゲーム開始時に難易度を選択可能に。イージー・モードはゲームに不慣れな方や、ストーリーを気軽に楽しみたい方、敵を倒しまくってバッドアスな爽快感を味わいたい方のために用意されました。

ボダラン3: 先行プレイレビュー !「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!
これまではゲームクリア後により上の難易度を選択できるようになりましたが、今作はいきなりの難易度選択に驚きと納得。

ゲーム序盤でもできる経験値稼ぎ+装備集め

ここまでは筆者がプレイしたうえでの雑感やゲームの内容を紹介しましたが、今度はゲーム序盤を少しだけ有利に進めるやり方を解説します。

これはシリーズ経験者にはおなじみのやり方ですが、それはずばり「ボス狩り」です。『ボーダーランズ』シリーズはストーリーミッションに出てきたボスを倒した後も、一度エリアを切り替えてからまたボス部屋に戻るとボスが再出現するのですが、本作でもしっかりその仕様は引き継がれています。さすが正統進化。

ボスを倒すと大量の戦利品をバラまくのですが、まれにドロップする金色や紫色の装備は性能次第では、その装備よりレベルが7も上の一般的な装備よりも優秀な性能を秘めていることがあります。 筆者はレベル4のピストルとアーマーをレベル13まで使用していました。 それらの装備はいつかプレイする他キャラクターに渡せるように保管庫に収納しています。

ボダラン3: 先行プレイレビュー !「RPG+FPS+ハクスラ」ジャンルの原点が見せつけたバッドアスな「正統進化」で超ハッピーまちがいなし!
最初は手ごわいボスも動きになれてしまえば報酬箱

このように、ボス狩りはうまくいけば序盤から長い間付き合っていける装備を手に入れられるわけです。そしてボスは経験値が高めなので、強力な装備が手に入らなくてもレベルは上がるので損はありません。

また、経験値稼ぎでいえばメインミッションだけでなくサイドミッションもオススメです。サイドミッションをこなすことで経験値も得られるうえに、世界観の理解をより深められます。 どうしても倒せない強い敵に遭遇したときは、一度中断してサイドミッションなどでレベルを上げることも大切です。

以上、ゲームの序盤クリアというまだまだ始めたばかりの身ですが、実際にプレイしてみての所感をまとめた早期レビューでした。以下の先行プレイ映像もぜひご覧ください。

ボーダーランズ3 | 協力プレイモード先行プレイ映像(モズ&FL4K)

ボーダーランズ3 | ビーストマスター「FL4K」先行プレイ映像 ペットと共に敵を狩りまくれ!

『ボーダーランズ3』の発売日は2019年9月13日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

コメントする