ボダラン映画:『ボーダーランズ』映画化? Gearbox CEOが告知するもその後削除

ボダラン映画:『ボーダーランズ』映画化? Gearbox CEOが告知するもその後削除

現地時間の2月27日からアメリカのボストンで開催される「PAX East 2020」で『Borderlands 3(ボーダーランズ3)』の有料DLC第2弾の発表が予定されていますが、ひょっとすると映画化の話も飛び込んでくるのかもしれません。

映画版ボーダーランズ

ゲームの映画化といえば皆さんなにが思い浮かぶでしょうか? 

昨年これまでのゲームが基になった映画売り上げ記録を塗り替えた「名探偵ピカチュウ」や、初公開時のビジュアルが大炎上しながらもモデルを作り直した結果「名探偵ピカチュウ」の初週記録を上回った「ソニック・ザ・ムービー」。そして衝撃的な結末でファンにザラキを唱えた「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」、映画の制作発表以来監督が3人も降板している「アンチャーテッド」などなど。ポジティブなネタからネガティブなネタまで大小様々なゲームが映画化されてきました。 そんな映画界隈にあの『ボーダーランズ』シリーズが突撃をしてしまうというニュースをGearbox CEOのRandy Pitchford氏がツイートしました(その後削除)。

ライオンズゲートとアラドプロダクションと制作しているボーダーランズ・ザ・ムービーにイーライ・ロスを監督として迎えることをとても興奮しています。イーライ・ロスをチームに歓迎し、続報は(日本時間2月28日午前4時30分から行われる)PAX EastでのGearbox Main Theater Showを観てください。 #borderlandsmovie

映画化はヤバイ匂いしかしない

突然の映画化発表ですが、元々GearboxはPAX Eastで『ボーダーランズ3』のチラ見せや正式発表などビッグなサプライズを行った歴史もあるので、今回の映画化は目玉ニュースとなるはずですが、Pitchford氏が予定より早く漏らしてしまったのか、それともツイート削除までもマーケティングの一環なのか、はたまた全てがネタなのかもしれません。ただ一言だけ言えるとしたら、イーライ・ロス監督×『ボーダーランズ』はどう考えても全年齢で楽しく観られるファミリー向け作品になるわけがありません

イーライ・ロス監督の作品は劇薬ですので、気になる方は自己責任で検索してください。しかし、『ボーダーランズ3』の世界観が好きな方々でしたら脳汁ドバドバのスイーツになるかもしれません。重ねて言いますが責任は取りません。

映画ボダランのストーリーと思わしきリーク

Pitchford氏のお漏らしツイートが出る前に、実は昨年から「ライオンズゲート配給のボーダーランズの映画版ストーリー」というリークが出回っていました。 その内容によりますと、「リリスが主人公となりクラップトラップ、タイニーティナ、クリーグ、その他のヴォルトハンター達が出てくる」という物。 このリークの時点ではコミュニティは半信半疑でしたが、ライオンズゲートの名前がPitchford氏のツイートでも使われていることから信憑性が高まりました。

そのツイートで一緒に名前が出ているアラドプロダクションは、「パックマン」のアニメや「スパイダーマン・ホームカミング」の制作にも携わっているカナダが拠点のアニメーション・スタジオです。 もしかすると映画版ボーダーランズは3DCG映画になるのかもしれません。

PAX Eastでのショー配信URL

本当に映画化してしまうのか気になる詳細は日本時間2月28日午前4時30分から下記のURLにて配信されます。 気になる方はお見逃しなく!

この配信を視聴することで何かしらのギフトがあるようです。詳しくは別記事をご参照ください。

『ボーダーランズ3』の発売日は2019年9月13日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit, Full Circle

コメントする

*