『オーバーウォッチ』アップデート:意思疎通のコミュニケーションホイールが8から26種に激増/エコー&ハルト強化/バスケットボール無限など(PTR)

『オーバーウォッチ』アップデート:意思疎通のコミュニケーションホイールが8から26種に激増/エコー&ハルト強化/バスケットボール無限など(PTR)

本日2020年4月24日『Overwatch(オーバーウォッチ)』のPTR(パブリックテストリージョン)サーバーにアップデートが行われました。目立った調整としてはコミュニケーションホイールの仕様変更やバスケットボールのリセットボタン実装、一部ヒーローのヘッドショット判定縮小などが行われています。

全般調整

コミュニケーションホイール

開発アップデート | コミュニケーション・ホイールのアップデート | オーバーウォッチ

  • 新規項目を追加し全26種の入力を可能に
  • コミュニケーションホイールのカスタマイズを可能に

現在8種のラジオチャットが入力可能なコミュニケーションホイールが、項目数を26に増やし内8種を自由にホイールにセット出来るようになりました。素早いチャット入力が苦手なPC版プレイヤーや、チャット機能が無く連携を取るのが難しいCS版のプレイヤーには嬉しい調整ではないでしょうか。

変更は「操作設定] > [コミュニケーション]から
『Overwatch(オーバーウォッチ)』 新スピンホイール
リグループのための「退却しよう」はよく使いそう。スリープダーツを当てた際は「手を貸して」だと伝わりやすいかもしれません。

バスケットボール

  • 机上のバスケットボール位置をリセット可能に

リセットボタンが追加されたため格段にシュート練習をしやすくなり、実践でのミスもごまかせるようになりました。

パッチノート

  • アプリケーション上で確認可能に

この変更によりパッチノートを確認する際にWebブラウザーが不要になります。

ヒーロー調整

エコー(強化)

  • ヘッドショット判定を低く調整
    Redditなどで話題に上がっていた、エコーのヘッドショット判定の違和感に調整が入りました。現在のライブサーバーのヘッドショット判定は、以下のように見た目以上の大きさになっています。

Echo’s head hitbox 3/4 view. from r/Overwatch

Echo’s head hitbox from the side. from r/Overwatch

ラインハルト(強化)

ラインハルト1

  • ヘッドショット判定を低くし、背後からのヘッドショットが困難になるよう調整

その他ワークショップへの新機能追加やバグ修正についてはパッチノート(英語)をご覧ください。

また、延期となっていたエクスペリメンタルモードの更新が実施されています。

オーバーウォッチ:クラウドコントロール系アビリティの弱体化、ロードホッグの調整が延期に(エクスペリメンタル)

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

9,280円(07/12 12:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Overwatch PTR Patch Notes

購読
通知
guest
6 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
1 月 前

ヘッドショット判定は「低くする」より「狭くする」とか「(範囲を)小さくする」の方がわかりやすい気がする。
コミュニケーションホイールはヒーラーだと「助けて」とか「私を守って」とか「こっちに来て」とかの方がうれしい。「集合」とか「手を貸して」の和訳の問題かもしれないけど。

Anonymous
Anonymous
2 月 前

それな

Anonymous
Anonymous
2 月 前

エコー、使う側は楽しいけど、使われる側としては対策が思い浮かびにくくて厄介だよなー

Anonymous
Anonymous
2 月 前

小顔整形は純粋な強化でしょ。エコーの方は意図してなかったかもしれないけど

Anonymous
Anonymous
2 月 前

エコーの強化なんて要らない。今のままで良いじゃん。それで無くても倒しにくいのに。

Anonymous
Anonymous
2 月 前

強化って書いてるから見たけどただの判定いじってるだけやん