オーバーウォッチ:フラッシュバン/スリープ/ブリザードなどの停止系が一斉弱体化、6ヒーローに調整

オーバーウォッチ:フラッシュバン/スリープ/ブリザードなどの停止系が一斉弱体化、6ヒーローに調整

本日2020年4月30日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』のライブサーバーに対しアップデートを実施しました。アップデート内容は主に、エクスペリメンタル内でテストされていた、クラウドコントロール系アビリティによる操作不能時間の短縮となっています。

ヒーロー調整

アナ(弱体化)

『オーバーウォッチ』 アナ

  • 《スリープ・ダーツ》
    • スリープ効果時間を6秒から5秒に短縮

メイ(弱体化)

  • 《凍結ブラスター》
    • メイン射撃による凍結状態を1.5秒から1.3秒に短縮
  • 《ブリザード》
    • 効果時間を5秒から4.25秒に短縮

マクリー(弱体化)

マクリー 2

  • 《フラッシュバン》
    • スタン時間を0.85秒から0.7秒に短縮

ラインハルト(弱体化)

ラインハルト1

  • 《アース・シャター》
    • ノックダウン時間を3秒から2.5秒に短縮

ロードホッグ(バランス調整)

ロードホッグ(ホール・ホッグ)

  • 《ホールホッグ》
    • ノックバックを20%増加

シグマ(バランス調整)

シグマ(アクリーション)

  • 《アクリーション》
    • 投てきまでの時間を0.75秒から0.65秒に短縮
    • ノックダウン時間を可変から0.8秒固定に変更

メタに変化?

クラウドコントロール系アビリティの弱体化により、レッキング・ボールやウィンストンなど、それらを苦手としていたタンクヒーローの台頭が予想されます。

また、今年の2月26日のアップデートによって実装された、スタンアビリティの相互作用の一貫化関係にも少し影響が出てくると思われます。

オーバーウォッチ:ヒーロープール実装に加え、スタン系アビリティの仕様変更など5つの変更(PTR)

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

9,320円(08/06 12:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: オーバーウォッチ パッチノート

購読
通知
guest
6 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
3 月 前

マクリーにスラムで突っ込んでもアッパー間に合いそうかな

Anonymous
Anonymous
3 月 前

ハルトシャター後のULT溜まり始める時間早くなったから有りっちゃ有り

Anonymous
Anonymous
3 月 前

これドゥームどうするん

Anonymous
Anonymous
3 月 前

今回のライブサーバーへのアップデートでは、ブリギッテは調整されていません。

Anonymous
Anonymous
3 月 前

ハルトにナーフとかタンクの待機時間がさらに短くなりますねー