『CoD:Warzone』は進化を続け他のCoD作品とつながる、開発者が語る今後の展開

『CoD:Warzone』は進化を続け他のCoD作品とつながる、開発者が語る今後の展開

シーズン5の開始を目前に控えトレーラーも公開された『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』とバトロワ『ウォーゾーン』ですが、海外メディアとのインタビューにて『ウォーゾーン』の今後について開発者が語っています。

開発者が語るウォーゾーンの今後

インタビューに答えたのはInfinity WardのデザインディレクターであるGeoff Smith氏。氏は改めて『ウォーゾーン』は今後もアップデートが継続され、複数のCoD作品とつながりを持ちながら進化を続けると語っています。

「ウォーゾーンはCoD:MWと深いつながりを持っていますが、最初から固有のゲームとして設計されています。時間とともにゲームのアップデートが続けられ、複数のCoDユニバースの他作品たちと繋がりながら進化をしていきます」

「ゲーム自体が進化を続けることは非常に重要なことです。CoD:MWとウォーゾーンではリリース時からさまざまな新しいプレイや楽しみ方をファンが楽しみ続けられるよう継続的に届けています」

すでに他の開発者からも語られているように、数年規模での継続が決定されている『ウォーゾーン』。今後はスタンドアローンタイトルとして他作品とのつながりはもちろん、PS5対応を含むさまざまな進化が期待できそうです。

[噂] CoD:Warzone: バンカー内の核弾頭はマップ刷新につながる?その先には『CoD:BO Cold War』発表か

また、公式発表が待たれる『Call of Duty: Black Ops Cold War(CoD:BOCW)』とされている2020年版CoDも、ウォーゾーンのマップ刷新がトリガーとなるという見方もあります。今回のシーズン5ではスタジアムの開放や貨物列車の登場が判明していますが、イースタエッグなどを通して次回作のなにかしらの情報が語られる可能性は大いにありそうです。

CoD:MW&ウォーゾーン:”ウォーゾーン”のアップデートは数年後も継続予定! PS5とXbox Series Xにも対応、デュオモードが近くバトロワにも登場

CoD:MW&ウォーゾーン:シーズン5のトレーラー公開、スタジアム開放/貨物列車が登場

8月は『CoD』にとって大きな動きのある月となりそうです。続報にぜひご注目ください。

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07SNQ1K2V” title=”【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア【早期購入特典】コール オブ デューティ モダン・ウ…”]

Source: GamesRadar

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Ickx Darc

    Twitchの視聴者数見るとシューターの中じゃベスト3に入るんだよねWarzone

  2. By 観葉植物くん

    オワコンと思ってる人は新鮮味が薄れてシュータージャンルに飽きてそう
    他のゲームもやるけどそれなりの頻度でCoDをやりたくなるし良く出来てるわ
    しかし4が出てから約13年か…読みは良くなったがエイム衰えて辛いし疲れるな

    • By マニア

      今作は路線変えてマンネリ打破しようとしたしね。
      WARZONEだってチーターが居なければ超いいゲームだよ

  3. By あああ

    codはオワコンだろう…

    • By 芋神

      そう思ってんのはお前だけや

コメントする