次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」詳細:海外では11月10日発売、1440p/120fps対応、4Kストリーミング、光学ドライブなし、シリーズ最小の筐体など

次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」詳細:海外では11月10日発売、1440p/120fps対応、4Kストリーミング、光学ドライブなし、シリーズ最小の筐体など

マイクロソフトは次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」のトレーラーを公開しました。海外での発売日は11月10日で、価格は299ドル(約32,000円)となっています。

「Xbox Series S」の性能詳細

Xbox Series S – World Premiere Reveal Trailer

Xbox Series Sは次世代機のパフォーマンスを持つコンソール機で、Xboxシリーズ最小の筐体(Xbox Series Xより60%小さい)になるとのこと。その他の特徴は以下の通り。

  • 光学ディスクドライブ非搭載
  • 1440p/120fps対応
  • DirectX レイトレーシング
  • 可変レート シェーディング
  • 可変リフレッシュレート
  • 超低レイテンシーでシームレスにゲーム切り替え
  • カスタムNVMe SSD(512GB)
  • 4Kストリーミング メディア再生
  • ゲームを4Kまでアップスケーリング

安定性こそ不明なものの、120fpsやレイトレーシングに対応しているのはコストパフォーマンス高めに感じます。また発売日が決まっている(Xbox Series XやPS5は未発表)のも見逃せません。この廉価モデルがXboxシリーズの今後を左右するかもしれません。

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る