エーペックスレジェンズ:待望のクロスプレイ・ベータ版スタート! 現地時間10月6日の「アフターマーケット」より

エーペックスレジェンズ:待望のクロスプレイ・ベータ版スタート! 現地時間10月6日の「アフターマーケット」より

Respawn Entertainmentが開発を手がける『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では、現地時間10月6日からコレクションイベント「アフターマーケット」がスタートします。

さらにこのイベント開催に合わせて、長らく実装が待ち望まれていたクロスプレイのベータ版もスタートするようです。

待望のクロスプレイがテスト開始

エーペックスレジェンズ」アフターマーケット コレクションイベント トレーラー

現地時間10月6日から始まるコレクションイベント「アフターマーケット」は、期間限定モード「フラッシュポイント」がプレイできるほか、新たなアイテムも多数入手できるチャンスです。

同時にこのイベントに合わせて、エーペックスのリリース当時から実装が待ち望まれていたプラットフォーム間の「クロスプレイ」機能、そのベータテストもスタートします。

「ベータ」とは現時点でのこの機能をテストしデータを集めるために行うものなので、開発を手がけるRespawnはプレイヤーの皆さんからのより多くのフィードバックを求めています。

  • クロスプレイ・ベータの仕様について
    • プレイヤーはすべての現行プラットフォーム(PlayStation 4、Xbox One、Origin。Steam版はリリース後に予定)間でチームを組み、共に戦うことができます
    • デフォルトではクロスプレイは有効になっています。Xbox One版の場合はハードウェアのシステム設定画面にも同様のクロスプレイ設定があるので、これをオンにしておく必要があります
    • クロスプレイ中もボイスチャットは使用可能
    • クロスプレイとクロスプログレッションは異なる点にご注意ください。現時点では『エーペックス』にクロスプログレッションは実装されていません

「フレンド」メニューから「フレンドを探す」をクリックすると、すべてのプラットフォームをまたいでフレンドを検索でき、フレンドリクエストも送ることができます。

招待を受けたプレイヤーにはロビー画面に通知が表示され、承認、拒否、ブロックを選択ができます。ブロックした場合はリクエストを拒否するだけでなく、以後のすべてのリクエストが届かなくなります。ブロックしているプレイヤーはフレンドメニューで管理され、ブロックの解除もここでできます。

各フレンドのプラットフォームはそれぞれアイコンで表示されます。ただし画像のように、たとえPS4版でプレイしていても、純正以外のコントローラーを使っている場合はコントローラーのアイコンが表示されます。

クロスプログレッションのベータテストも近い?

公式サイトの注釈には「現時点ではクロスプログレッションは利用できません」とありますが、その直後に「これについては年内のSteam版リリースに際してより詳しく説明します」とあるため、クロスプログレッションのベータテストが始まるのも意外に近いのかもしれません。

「クロスプログレッション」は、たとえばPS4版のアカウントとPC版(Origin)のアカウントをリンクさせることで、ランクや入手したアイテムをすべてのプラットフォームで共有できるようになる機能です。これが実装されれば、コンソールからPCに移行した際にすべてのレジェンドをアンロックし直したり、スーパーレジェンドを集め直したり、といった苦労をせずに済むようになります。

こちらもクロスプレイと同様に待望の機能ですが、まずは現地時間10月6日からのクロスプレイ・ベータにフレンドとともに参加し、より多くのデータ・フィードバックを送ってみてください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: APEX LEGENDS Official

購読
通知
guest
16 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る