ハードコアホラーFPS 『GTFO』:大型アップデート「Contact」配信、待望の“マッチメイキング”や“難易度システム”の導入で手軽なプレイが可能に

ハードコアホラーFPS 『GTFO』:大型アップデート「Contact」配信、待望の“マッチメイキング”や“難易度システム”の導入で手軽なプレイが可能に

10 Chambers Collectiveは2020年10月22日午後8時に『GTFO』の大型アップデート「Contact」を配信。

今回のアップデートによって導入されたマッチメイキング難易度システムによって、より手軽な挑戦が可能になり、熟練のプレイヤーはより歯ごたえのある難易度でプレイできるようになります。また、新たなストーリー要素、アイテムなど、多くの新要素も今回のアップデートで追加されています。

『GTFO』Rundown #004「Contact」

新環境「Datacenter」紹介トレーラー:GTFO Rundown 004 / Contact Gameplay Trailer

Rundown #004「Contact」ではマッチメイキングを導入し、より手軽に本作に挑戦できるようになりました。また、新たな機能として、選択可能な難易度システム(Layered Difficulty)を導入いたしました。さらに、新たなストーリー要素、アイテムなど、多くの追加要素もご用意しております。

開発スタッフによるプレイ映像:GTFO Gameplay – Developer Playthrough of Rundown 004 / Contact, October 2020

マッチメイキングのアルファ版を導入

今回の大型アップデートでは、これまでコミュニティから最も多くの要望を頂いておりました、マッチメイキングを導入いたしました。これにより、これまでメンバーが4名揃わなかったチームやソロプレイヤーの方でも気軽に遠征に挑戦することが可能になりました。しかし、このマッチメイキングはアルファ版です。今後、継続的にアップデートを行い、より快適なゲームプレイの提供をできるよう努めて参ります。――『GTFO』は非常に複雑なコミュニケーションが求められるため、マッチメイキングの導入には非常に困難が伴います。そのため、今後コミュニティの皆さまの協力が必要になります。現在はアルファ版ですが、より良いサービスを提供できるよう努めて参ります。

Simon Viklund(作曲・ゲームデザイナー)

選択可能な難易度システムを導入

選択可能な難易度システムを導入Layered Difficulty(レイヤードディフィカルティ)の導入により、プレイヤーが遠征中に難易度の異なるルートを選択できるようになりました。経験豊富なプレイヤー向けに、最高難易度のルートもご用意しております。――今回のアップデートは『GTFO』史上最も大きなアップデートです。新たな武器やツール、モンスターだけでなくマッチメイキングやレイヤードディフィカルティを追加しました。このレイヤードディフィカルティでは例えば、プレイヤーが遠征中、「ベリーハード」か「エクストリームハード」の難易度を選ぶことができます。これにより、新規プレイヤーは遊びやすく、ベテランプレイヤーにはよりハードコアなゲーム体験を提供することができます。

Ulf Andersson(ディレクター・ゲームデザイナー)

新たな武器、モンスター、ツールなど

『GTFO』大型アップデート「Contact」は新たな環境「Datacenter」を導入いたしました。これにより、ステージの雰囲気は前回のRundownから大きく変化し、遠征目標も一新されました。また、新たなモンスター、武器、ツールなどの追加要素もお楽しみください。「Datacenter」はデータ通信機器や制御装置などの設備が並ぶ施設です。そこには、ミステリアスな雰囲気が漂っており、これまで見たこともない凶悪なモンスターがプレイヤーたちを襲います。

また、前回のRundownと同様、ストーリーの制作には『DOOM』、『DOOM Eternal』、『TheLast of Us』のライター、アダム・ガスコインが参加しています。

『GTFO』早期アクセス版の発売日は2019年12月10日で、対象機種はPC(Steam)。

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る