映画「エイリアン」三部作の23年後を舞台にしたサバイバルTPS『Aliens: Fireteam』、2021年夏に国内発売

映画「エイリアン」三部作の23年後を舞台にしたサバイバルTPS『Aliens: Fireteam』、2021年夏に国内発売

2020年4月1日 株式会社3goo(サングー)より、映画シリーズ「エイリアン」の世界を舞台とした新作ゲーム『Aliens: Fireteam(エイリアンズ:ファイアチーム)』が、日本国内で2021年夏に発売予定であることが発表されました。

『Aliens: Fireteam』

Aliens: Fireteam – Announce Trailer

『Aliens: Fireteam』は、協力型三人称視点サバイバルシューティングゲームとなっており、アクションやシューティングゲームの制作に携わってきたベテランの開発者たちから成るゲームスタジオCold Iron Studioが、20th Century Gamesと協同で開発。

原作となる大ヒット映画シリーズ「エイリアン」三部作の23年後を舞台としており、プレイヤーはアウター・コロニーよりもたらされた救難信号に対応する任務を与えられ、USSエンデバーに乗り込む植民地海兵隊の一人として重要な役割を果たすことになります。ゼノモーフの脅威を駆逐するための絶望的な戦場へ送り込まれたプレイヤーたちは、4つのキャンペーンモードで繰り広げられる恐るべき敵との戦いを切り抜けるべく、2人のフレンドまたはAIの仲間とともに、敵に蹂躙された施設、打ち捨てられた遺跡、エイリアンが作り出した異様な地形に向かいます。

襲い来る敵は、ゼノモーフからウェイランド・ユタニ社のアンドロイドまで20種類を超え、扉や通気孔をくぐり抜け、壁や天井を這い回る知性を有しています。対するファイアチームのメンバー達は、遮蔽物の活用や部隊としての戦術、強力な武器、未来的な装備を持って立ち向かい新たなストーリーを展開していきます。また、それらを描く息を呑むようなビジュアルやリアルな環境表現、不気味なサウンドによって呼び覚まされる世界観も本作の魅力の一つとなっています。

その他、5つのキャラクタークラス、カスタマイズ可能で拡張性の高い武器とモジュール群、キャラクターの成長要素、そして革新的な育成システムがミッションのリプレイ性を高め、独特なチャレンジカードシステムが各ミッションに変化を加えることにより、プレイするごとに新しい体験を楽しむことができるようになっています。

『Aliens: Fireteam』公式スクリーンショット

「「エイリアン」シリーズの新章でCold Iron Studiosのチームと一緒に仕事をできて、本当に興奮しましたよ」

「『Aliens: Fireteam』のストーリーは、エイリアンの世界をふくらませるものとなっています。USSエンデバーに乗り組む植民地海兵隊は、非道な企業の秘密、古代のエイリアンの遺跡、そして恐るべきゼノモーフの群れとの遭遇を生き延びるために、絶望的な戦いに挑むのです。「エイリアン」ファンの皆さんには、他に類を見ないゼノモーフとの戦いに備えておいてもらいたいですね」

20th Century Gamesのエグゼクティブプロデューサー ジョシュ・ヴァレンシ氏

Cold Iron Studiosについて

Cold Iron Studiosは、自分たち自身がプレイしたくなるようなゲームを開発すること、そして一緒に働きたくなるようなチームを作ることを目的として、ゲーム業界のベテラン3人によって2015年に設立された、サンノゼを拠点とするスタジオです。設立以来、このスタジオは、数々の賞を獲得したマルチプレイヤーゲームやアクションゲームを開発した経験のある、熱意あふれる45人以上の多種多様なゲーマーにして素晴らしい開発者を擁するまでに成長しました。 現在、開発チームは『エイリアン』の世界を舞台とする協力型の三人称視点サバイバルシューティングゲーム『Aliens: Fireteam』の開発に携わっています。

『Aliens: Fireteam』 はCEROレーティング審査予定。日本国内では、3gooよりPlayStation 4およびPlayStation 5版が発売予定。

Source:PressRelease

コメントする

*