CoD:ヴァンガード:クロスプレイオープンベータ開始!マップとモードが追加され、アーマープレートは大幅弱体化

CoD:ヴァンガード:クロスプレイオープンベータ開始!マップとモードが追加され、アーマープレートは大幅弱体化

Sledgehammer Gamesは『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のクロスプレイオープンベータを開始しました。先週のベータから新たにマップ1種とゲームモード3種が追加され、アーマープレート弱体化を含むアップデートも実施されます。

『CoD:ヴァンガード』クロスプレイオープンベータ

Call of Duty®: Vanguard – ベータ ウィークエンド2 トレーラー
  • 日本時間9月17日~19日午前2時:PS版オープンベータ。Xbox版・PC版早期アクセス
  • 日本時間9月19日午前2時~21日午前2時:全プラットフォームでオープンベータ

新マップ「Eagle’s Nest」

Eagle’s Nestはすべての戦闘規模で、チームデスマッチ、ドミネーション、キルコンファームドでプレイできます。スポーンの修正をテストしているため、パトロールではプレイできません。

新ゲームモード

  • パトロール
  • チャンピオンヒル(ソロ)
  • サーチアンドデストロイ

パトロールは、1つの移動する拠点をめぐって戦う新モード。拠点内にいる時間に応じてスコアが加算され、デフォルトでは先に200ポイントを獲得したチームが勝利します。またはどちらのチームもスコアを獲得していない時間が5分を経過した場合も終了となり、より多くのポイントを獲得したチームが勝ちます。

CoDV『CoD:ヴァンガード』マルチ先行プレイ映像 #1 | 新モード「パトロール」でとどめの一撃連発! – EAA

『CoD:ヴァンガード』ベータアップデート

先週時点で強力と言われたアーマープレートが弱体化。またオープンベータ期間中にはほとんど変更されないものの、武器のオーディオや大気のオーディオなどに関連するバグを修正中とのことです。

  • 視認性:ディストーションをグローバルにオフにして、ADSの視認性を向上。ディストーションをグローバルで無効にしたため、ベータ版では火や爆発の見た目にも影響が出て、全体的な視覚の忠実性が低下。この変更はプレイヤーがゲームプレイに集中できるよう、視認性の問題を緩和するための一時的な解決策。
  • アーマープレート:リチャージ速度が高から低に変更た。アーマーの体力が150HPから50HPに減少。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Sledgehammer Games

コメントする

*