CoD:BOCW:シーズン6が10月8日スタート、オペレーター”メイソン”登場/マルチ新マップ3種/新武器5種など

CoD:BOCW:シーズン6が10月8日スタート、オペレーター”メイソン”登場/マルチ新マップ3種/新武器5種など

アクティビジョンおよびTreyarchの『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』は、日本時間10月8日よりスタートする「シーズン6」のコンテンツ内容を発表、トレーラーを公開しました。この記事ではそのうち、『BOCW』マルチプレイヤーモードの新コンテンツについて紹介します。

『CoD:BOCW』シーズン6

シーズン6ゲームプレイトレーラー | Call of Duty®: Black Ops Cold War & Warzone™

3種の新たなマルチ用マップ

BOCW-S6-Announcement-016
アドラーの精神世界で戦う「Deprogram」
  • Deprogram(デプログラム):6v6、シーズン開始時
    • 囚われていたラッセル・アドラーの精神世界で展開される、CoD史上でも異色のマルチ用マップ。各エリアはアドラーの記憶の「つぎはぎ」となっており、レッドドアを使ってエリア間を素早くワープすることができる
  • Amerika(アメリカ):6v6、シーズン開始時
    • 6v6用の中規模マップ。ソビエト軍事施設内に作られたアメリカの模造都市が舞台となっている
  • Gluboko(グルボコ): 2v2、3v3、シーズン開始時
    • KGB本部地下貯蔵庫で、ハイペースな撃ち合いが繰り広げられる。ガンファイトやフェイスオフ(6v6含む)などのモードに対応

3人の新オペレーター

BOCW-S6-Announcement-020
メイソンがついに参戦
  • Alex Mason:NATO(シーズン開始時)
    • アドラーとスティッチによる終わりなき戦いに、ブラックオプスシリーズには欠かせない主人公・メイソンが駆けつける。シーズン6バトルパスのティア0でアンロックされ、『CoD:BOCW』と『ウォーゾーン』の両方で使用できる
  • Fuze:Warsaw Pact(シーズン中)
    • Fuze(ヒューズ)ことBenito Ortegaは爆発物処理の専門家としてペルセウスに雇われた傭兵だ。リスクを恐れずスリルを求める性格で、両足を失いながらも今日までエリート・オペレーターとして活動を続けている。シーズン中に発売されるストアバンドルで獲得可能
BOCW-S6-Announcement-022
『CoD:V』のアーサー・キングスリー軍曹が一足先に登場
  • Arthur Kingsley(『CoD:V』予約特典)
    • 11月5日発売予定の新作『CoD:ヴァンガード』より、主人公の一人であるアーサー・キングスリー軍曹が、『CoD:BOCW』および『ウォーゾーン』のプレイアブル・オペレーターとして登場。いずれかのエディションの『CoD:ヴァンガード』デジタル版を予約購入していると、自動的に受け取ることができる

5種の新武器

BOCW-S6-Announcement-024
.410 Ironhide(ショットガン)

シーズン6の新武器は5種類。そのうち、シーズン開始時には3種(.410 Ironhide、Grav、Battle Axe)が無料でアンロック可能になり、残りの2種(LAPA、Hammer and Sickle)はシーズン後半で登場します。

  • .410 Ironhide:ショットガン(シーズン開始時に登場)
    • レバーアクション・ショットガン。近距離で高ダメージ、かつ連射速度も高く、射程距離内であれば安定した2発キルが期待できる
    • シーズン6バトルパスのティア15でアンロック可能
  • Grav:アサルトライフル(シーズン開始時に登場)
    • フルオート・アサルトライフル。連射性能が高く、射程距離も長い。ダメージは中程度、リコイルも中程度ながら、アサルトライフルの中では弾速が最速となっている
    • シーズン6バトルパスのティア31でアンロック可能
  • Battle Axe:近接武器(シーズン開始時に登場)
    • 両側に刃のついた両手斧。ゲーム内チャレンジを達成することでアンロックできる。シーズン6開始時に発売される、武器設計図つきストアバンドルを購入することでもアンロックできる
BOCW-S6-Announcement-028
ソビエト的な「鎌と槌」が近接武器として登場
  • LAPA:SMG(シーズン中に登場)
    • フルオート・サブマシンガン。頼れるダメージ量を誇り、反動制御もしやすく、取り回しのし易さや射程距離にも優れている。ただし連射速度は比較的遅め
    • シーズン後半でスタートする「ホーンテッド」イベントのチャレンジを達成するか、武器設計図つきストアバンドルを購入することでアンロックできる
  • Hammer and Sickle(鎌と槌):近接武器(シーズン中に登場)
    • 両手持ち近接武器。工業と農業、それぞれの労働者の力が合わさり、近距離で敵に致命的なダメージを与える。シーズン後半にスタートする近接攻撃がテーマのチャレンジを達成するか。ストアバンドルを購入することでアンロックできる

「ホーンテッド」イベント

シーズン6ゲームプレイトレーラー _ Call of Duty®_ Black Ops Cold War & Warzone™ 1-44 screenshot

今年もハロウィンイベントが開催されます。日本時間10月20日からは「ホーンテッド」がスタート。「真のホラー映画の悪夢と戦う準備はできているか?」とフレコミにあるように、名作ホラー映画とのコラボレーション・イベントとなるようです。

詳細は現地時間10月18日発表。果たして今年はどのようなハロウィンになるのでしょうか。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Call of Duty BLOG

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    シーズン5リローデッド前に既に弱体化食らってるから今はもう別にだけど、正直EM2,TEC9全盛期はその二つでTTK早くなってみんな同じ武器という点以外は今までのCWの中で1番楽しかった時期だった
    もう全武器強化してTTKを従来シリーズ並みにして爽快感あげて欲しいわ
    そしたらもっとプレイする

  2. By 匿名

    マーシャルがある以上ショットガンは腐るし
    EM2がある以上SR以外ほぼ腐る
    そして新武器がこれらを超えた性能ならば、それはそれでクソゲーが加速する

    • By 匿名

      まあEM2、TEC9含め調整は既に明言されてるから
      新武器を上げるためにもそれなりに下げてくるとは思うよ
      ただEM2はどう調整するかは考えものだけど。
      あのタイプは何も考えずにnerfすると産廃になってしまう

コメントする

*