Twitchが配信の巻き戻し機能を11月からテスト、一部のユーザーが対象でテスト期間は1ヶ月

Twitchが配信の巻き戻し機能を11月からテスト、一部のユーザーが対象でテスト期間は1ヶ月

動画配信サイトのTwitchが「巻き戻し機能」を含む3つの機能を一部のユーザー向けにテストをすると発表がありました。

待望の機能をテスト

Twitchでは日夜を問わず世界中の配信者が視聴者を魅了しています。 けれども、筆者を含むTwitchを利用したことがある読者の皆さんは一度は願ったことがありませんか?

「巻き戻したい」

気になる配信や初めて観るゲームの配信を途中から観たとき、他の配信サイトでは巻き戻して状況を確認できましたが、これまでのTwitchでは不可能でした。

しかし、TwitchのTwitter公式サポートアカウントが新たな試みを発表しました。その中には巻き戻し機能も含まれています。

2分の巻き戻し

Twitchが海外メディアのThe Vergeに寄せたコメントによりますと、11月から全ユーザーの約1/4を対象に巻き戻し機能のテストが始まります。 選ばれたユーザーは最大2分の巻き戻しが実行できます。 2分の範囲以内なら好きな時間を指定できるとのことです。

ただし、巻き戻し機能は配信者がオプションからVODのアーカイブ設定をオンにしている必要があります。 そのため、IRL(インリアルライフ)配信などで視聴者に位置を知られたくない配信者や、悪意を持った視聴者の妨害を避けたい配信者は巻き戻し機能をオフにしてから配信することが可能になるはずです。

以上が巻き戻し機能の詳細です。

リマインダー

巻き戻し機能と一緒にテストが始まる他2つの機能のうちの1つはリマインダーです。配信者があらかじめ何月何日の何時頃に配信をするか告知をしている場合、視聴者はその時刻をリマインダーに登録ができるようになります。 これでお気に入り配信者の生配信を見逃す心配を減らせます。

トレーラー

最後の機能はトレーラー機能です。 これは新しく訪れた視聴者向けに配信者が設定していた自分のチャンネルのトレーラーを放送できるという仕組みです。 ただし、配信者がトレーラーを用意していない場合は実行できません。

以上がTwitchが11月中にテストを計画している3点の新機能でした。 これらのテストは1ヶ月後には終了します。

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    巻き戻しが不可能って書かれると違和感ある

  2. By 匿名

    別に現時点までのをビデオで見れるからいらなくね
    2分とか中途半端なことするくらいなら全部見れるか今までと同じかでいいと思う

    • By 匿名

      ライブ配信上からそのまま巻き戻して確認した後、またスムーズにライブに戻れるのと
      わざわざビデオから今時点までの動画開くのは全然効率違うと思うけど
      そもそも今の機能を失くして実装するわけじゃなく単純にプラスαなんだから、それこそビデオから見返すので満足してるなら、それに新機能が実装されようがどうでもいいだろ

コメントする

*