CoD:ヴァンガード:ゾンビモード新要素、”アーティファクト”や”契約の祭壇”などプレイヤービルド情報公開

CoD:ヴァンガード:ゾンビモード新要素、”アーティファクト”や”契約の祭壇”などプレイヤービルド情報公開

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』は11月5日いよいよリリース。ゾンビモードを手がけるTreyarchは、この『CoD:V』で登場する新たなプレイヤービルド要素や、前作『BOCW』のゾンビモードとの違いについて解説しています。

『CoD:ヴァンガード』ゾンビモード

11月5日リリースの『CoD:V』では、恒例のゾンビモードも登場します。開発を手がけるのは前作『CoD:BOCW』に引き続きTreyarchスタジオ。12月2日のシーズン1からスタートするメインクエストは、悪役Wolfram Von List(ウルフラム・フォン・リスト)が第二次大戦の流れを変えるべく、先代のダークエーテルの王と手を組んで死者を蘇らせるというストーリーで、前作とクロスオーバーした内容になっているそうです。

アーティファクト

アーティファクト_CoDヴァンガード
『CoD:V』ゾンビに登場するArtifacts

『CoD:V』のゾンビモードにも、さまざまなプレイヤービルド要素が用意されています。

新要素の1つは、リリース時に登場する4つのArtifacts(アーティファクト)です。Artifactsを装備することで、プレイヤーにさまざまな能力を付与します。

  • Dragon of Saraxis(サラクシスの竜):エーテリアルの爆発物を生み出し、起爆させた敵に大ダメージを与える
  • Mask of Bellekar(ベレカーの仮面):プレイヤーはダークエーテルのクロークをまとい、5秒間敵からその存在を消す
  • Sword of Inviktor(インビクターの剣):エーテリアルの火の輪を散らし、15秒間その範囲内にいるすべての対象へのダメージを増加させる
  • Horn of Norticus(ノルティカスの角):凍てつく渦を発生させ、最初の波動で敵にダメージを与え、渦に入った敵をスローダウンさせる

契約の祭壇

『CoD:V』のゾンビモードではAltar of Covenants(契約の祭壇)も登場します。目標を達成して収集アイテムSacrificial Heart(いけにえの心臓)を稼ぎ、この祭壇に捧げることで、11種類のユニークな契約と、それに付随した能力を獲得できます。装備できる契約は最大3種類までとなっています。

  • Bloodlust(ブラッドラスト):近接攻撃のダメージが増加し、自身を回復する
  • Resurrectionist(リザレクショニスト):味方をより早く蘇生する
  • Brain Rot(ブレインロット):一定確率で、敵を自分の味方として引き込める
  • Cryofreeze(サイロフリーズ):一定確率で、敵をスローダウンする
  • Death Blow(デスブロウ):クリティカルキルをすると弾がマガジンに戻ってくる
  • Ammo Gremlin(アモグレムリン):ストックされた弾を自動的に武器に補充する
  • Dead Accurate(デッドアキュレート):同じ敵を連続で攻撃したときのダメージが増加する
  • Splatterfest(スプラッターフェスト):爆発物でキルした敵が爆発することがある
  • Unholy Ground(アンホーリーグラウンド):動かないでいるときに与えるダメージが増加する
  • Cull the Weak(カルザウィーク):スローまたはスタン状態の敵に与えるダメージが増加する
  • Mother Lode(マザーロード):一定確率で、装備品を使った後にそれを維持する
契約の祭壇_CoDヴァンガード

各種の契約は、そのレアリティをアップグレードさせることもできます。たとえば「Cull the Weak」は、レアの状態だと敵へのダメージが+50%になり、さらにスローまたはスタン効果を付与しますが、レジェンダリーまでアップグレードすることで、ダメージが+100%、クリティカルダメージも+100%になります。アーティファクトと契約、そして後述するPERKを組み合わせ、プレイヤーは自分専用のビルドを作成することができます。

PERK

『CoD:V』のゾンビでも恒例のPERKが登場。ただし今回のPERKはゲーム中にあるPerk Fountains(PERKの泉)を通じてアンロック・レベルアップしていく方式で、アンロックのは無料ですが、レベルを上げるにはエッセンスを消費する必要があります。

また、プレイヤーがダウンすると各PERKのレベルが1つ下がってしまう(レベル1の状態で倒れても喪失はしない)ため、ラウンドが進むにつれてリスクが高まっていくでしょう。リリース時にアクセスできるPERKは以下の5種類。

  • Fiendish Fortitude(フィーンディッシュ・フォーティチュード):体力増加
  • Diabolical Damage(ダイアボリカル・ダメージ):クリティカルダメージ増加
  • Venomous Vigor(ヴェノマス・ヴィガー):体力回復速度アップ
  • Demonic Frenzy(デモニック・フレンジー):リロード速度アップ
  • Aethereal Haste(エーテリアル・ヘイスト):移動速度アップ

シーズン1とその後

今回はウォールバイがなく、追加の武器は宝箱やミステリーボックス、敵からのドロップで入手する必要があります。一方でパックアパンチ武器とパックアパンチマシーンも引き続き登場し、パックアパンチ済みの武器がSturmkrieger(シュトゥルムクリーガー)からのドロップ、またはミステリーボックスで入手できる可能性があります。

ゾンビモードも『CoD:V』本編と同様、リリース後は無料アップデートの対象となります。現地時間12月2日に始まるシーズン1では、以下のコンテンツが新たに追加されます。

  • 新たな目標
  • 新たな契約
  • 新たなアーティファクト
  • 新武器
  • ゾンビモードのシーズンチャレンジ
  • ホリデーイベント
  • シーズン1の期間中に「メインクエスト」が登場

『CoD:V』のゾンビは、前作『BOCW』からどのような進化を遂げているのでしょうか。『CoD:V』がリリースされたら、キャンペーンやマルチだけでなく、ゾンビモードもぜひお試しください。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Treyarch

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    効果だけ読むとアーティファクトがbocwのフィールドアップグレードをナーフしたものにしか見えんのだが

  2. By 匿名

    え?CoD??
    まだシリーズ続いてたんだwww

  3. By 匿名

    いつも思うんだが
    パークの名前イチイチ変えなくて良くね?
    boシリーズの名前で統一しろよ どうせ効果ほぼ変わらないんだから

    • By 匿名

      BO()

      • By 匿名

        今作のゾンビはトレイアーク開発だし、尚更同感

  4. By 匿名

    PAPマシーンあるのにPAP済み武器が箱から出たら無駄じゃん、ようわからんシステムにしないでほしいわ

コメントする

*