Dead by Daylight:新チャプター「貞子ライジング」3月9日発売、日本ホラー「リング」より貞子と浅川陽一が参戦

Dead by Daylight:新チャプター「貞子ライジング」3月9日発売、日本ホラー「リング」より貞子と浅川陽一が参戦

Behaviour Interactiveは非対称対戦型ホラーサバイバル『Dead by Daylight』にて、チャプター23「貞子ライジング」を3月9日より発売すると発表しました。鈴木光司氏の小説『リング』および映画『リング』から、キラー“貞子”と大人になったサバイバー“浅川 陽一”が参戦します。

チャプター23「貞子ライジング」

Dead by Daylight | 『貞子ライジング』 | 初公開トレーラー
  • 発売日:3月9日
  • 価格
    • Steam、Epic Gamesストア、Windowsストア、Stadia:720円
    • PS5、PS4、Xbox One、XboxシリーズX|S、Nintendo Switch:880円

「リング」は、見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオテープ」の恐怖と、その来歴に迫ろうとする主人公を描くミステリー・ホラー小説。1998年には映画化され、日本のホラー映画ブームの火付け役となりました。ジャパニーズホラーの傑作と『Dead by Daylight』の夢のコラボレーションがついに実現します。

新キラー「The Onryo」

“The Onryo(怨霊)”は、『Dead by Daylight』のキラーに御馴染みの、暴力的なホラー要素を押しだしたスラッシャースタイルとは異なり、原作の貞子を忠実に再現することで、他のキラーにはない予測不能で不気味な能力を兼ね備えています。映画では、恐るべき超能力を授けられた貞子が、荒れ狂う怒りと共に呪いのビデオテープに現れ、見た者を死に至らしめ、人々は恐怖の表情で顔を歪めます。

新サバイバー「浅川陽一」

邪悪な影に落ちる喪失の記憶。物語はまだ終わりではない。浅川陽一の幼い人生は貞子の怒りによって永遠に変わってしまいました。1998年に公開された「リング」ではまだ少年だった陽一は、作品内で貞子の怒りに触れた者の中で唯一の生存者。Dead by Daylightでの再登場は、「リング」から20年以上経った今、語られることのなかった彼のストーリーに触れる初めての機会でもあります。

現在海洋生物学者として活躍する彼の物語は、答えを求めて危険な海を進み、常人の理解を超えた領域まで続いています。

『Dead by Daylight(デッド バイ デイライト)』の発売日は2016年6月14日で、対象機種はPC / PS5 / PS4 / Xbox One / Xbox Series X|S / Nintendo Switch。

Source: PressRelease

コメントする