Call of Duty League Championship 2022:優勝はロサンゼルス・シーブス! MVPのKenny選手は3度目の挑戦で念願のリング獲得

Call of Duty League Championship 2022:優勝はロサンゼルス・シーブス! MVPのKenny選手は3度目の挑戦で念願のリング獲得

『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のeスポーツリーグ「Call of Duty League Championship 2022」にて、ロサンゼルス・シーブスがアトランタ・フェイズを5-2で下し優勝を飾りました。

CDL Championship 2022 グランドファイナル

  • Gavutu(ハードポイント):250-187
  • Berlin(サーチアンドデストロイ):6-2
  • Gavutu(コントロール):3-2
  • Tuscan(ハードポイント):250-212
  • Bocage(サーチアンドデストロイ):1-6
  • Berlin(コントロール):2-3
  • Tuscan(サーチアンドデストロイ):6-5

最初のハードポイントで先制したシーブスは第2ゲームにて、Envoy選手が連続でクラッチを制す神業を披露。チームを大きく勢いづけます。

このままシーブスが一気にマッチポイントまで迫りますが、フェイズがここから反撃開始。2度目のコントロールではaBeZy選手が怒涛の40キルを記録し、大逆転に向けて希望をつなぎます。

最後のゲームとなったサーチアンドデストロイは、ラウンド11にもつれ込む熾烈な戦いとなりました。シーブスは見事な連携で完全勝利し、王者に輝きました。

MVPを獲得したKenny選手はCWL 2018・2019でグランドファイナルに進出するも、目の前で相手の優勝を見つめる悔しさを味わいました。3度目の挑戦となった今回で念願のリングを獲得しました。

順位と賞金

フェイズはまたしても2位に終わったものの、3年連続グランドファイナル進出は紛れもない快挙です。来シーズンも安定した成績を残すでしょう。

  • 1位:ロサンゼルス・シーブス(120万ドル)
  • 2位:アトランタ・フェイズ(65万ドル)
  • 3位:シアトル・サージ(32万ドル)
  • 4位:オプティック・テキサス(16万ドル)
  • 5位タイ:ニューヨーク・サブライナーズ(8万ドル)
  • 5位タイ:トロント・ウルトラ(8万ドル)
  • 7位タイ:ロンドン・ロイヤルレイヴンズ(3万ドル)
  • 7位タイ:ボストン・ブリーチ(3万ドル)
  • タイトル:Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)
  • 発売日:2021年11月5日
  • 対象機種:PS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S
SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)

コメントする