FNATIC所属SPYGEAスペシャルインタビュー: “伝説の狙撃手”が語る日本のエーペックス 「これってすごいことだと思うんですよ」

FNATIC所属SPYGEAスペシャルインタビュー: “伝説の狙撃手”が語る日本のエーペックス 「これってすごいことだと思うんですよ」

Electronic Artsの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』を使用し、8月27日と28日の2日間に渡って、千葉県の幕張メッセにて「RAGE Apex Legends 2022 Summer」が開催されました。EAA!!も現地を取材し、DAY1ステージに出演していたSPYGEAさんから、今回のイベントや日本のエーペックスのことについて、お話を聞かせていただきました。

FNATICで活躍中!SPYGEAスペシャルインタビュー

DAY1では豪華ストリーマーやインフルエンサーによる熱い戦いが繰り広げられた「RAGE Apex Legends 2022 Summer」。今回はそんな出演者の中でも、全試合で存在感を発揮していた「伝説の狙撃手」チームから、SPYGEAさんにお話を聞かせていただきました。

SPYGEAさん
SPYGEAさん(SPYGEAオフィシャルInfoより)

SPYGEAさんは現在プロチームFNATICのクリエイター部門に所属していますが、Twitchで50万人以上の視聴者を持つ大人気配信者になる前からプロゲーマーとして数多くの経歴・戦績を有しており、今回のRAGEでトリオを組んだSHAKAさんやKillin9Hitさんとも、かつてのチームメイトという気心の知れた間柄です。

そんな「伝説の狙撃手」チームは、DAY1で6試合を行ない、元プロゲーマーとしての実力を発揮して2位、3位、2位、5位、4位、6位と、非常に安定した成績を残していました。

今日は惜しくもチャンピオンにはなれなかったが…

EAA!!:SPYGEAさん、本日はお疲れ様でした。いつも試合の終盤まで戦っている姿が映っていましたね。EAA!!でも活躍するチームを事前に予想していて、「この3人はカタいぞ!」と見ていたんですよ(※インタビュー依頼はRAGEスタート前に出させていただきました)。

SPYGEA:すみません、チャンピオンは取れなくて…(笑)。ですが最後まで残っている場面は多かったですね。

EAA!!:お互いよく知る3人でのトリオでしたが、今回のRAGEは有観客オフラインということで、何かいつもと違う取り組み方で対戦しよう、みたいな作戦はあったのでしょうか。

SPYGEA:特にそういったものは無かったですね。ただ、僕たちは本来であれば、「あと何チーム残っていて、こことここに敵がいるから、こう動こう」と冷静に話し合ってプレイできるんですが、久々のオフラインということで緊張もあったのか、最後はわちゃわちゃ!という感じに終わってしまう場面が多かったですね。最終局面になる前までは、普段通りの落ち着いたプレイで1チーム、2チームと倒せていました。

EAA!!:今回のRAGEでは著名なインフルエンサーの皆さんも多く参加していましたが、対戦してみて、SPYGEAさんの視点でどのくらい「強さ」を感じたでしょうか。

SPYGEA:出演者の中には元プロの方もいて、そういう方と対戦すると、「あ、つえー!」となりましたね(笑)。強いのが分かるんですよ。相手と見つめ合って、撃ち合うじゃないですか。弾を当てられ続けると画面に(被弾したことを示す)血のエフェクトが出るんですけど、あのエフェクトがものすごく多くなっているときは、「あのチームは当て感強いから撃ち合うの止めよう」ってなりましたね。

日本でのエーペックスの盛り上がり、観客の顔ぶれに驚き

EAA!!:SPYGEAさんはこれまで国内外で様々なゲームタイトルの大会やイベントに関わってきましたが、日本での『エーペックスレジェンズ』の盛り上がりについて、RAGEを通してどのように感じられましたか。

SPYGEA:エーペックスは、海外では世界大会(ALGS)の視聴者数がものすごく多くて、海外の会場では盛り上がっているというイメージでした。僕が日本国内のエーペックスの公式大会・イベントに出場するのは初めてだったのですが、今回はオフラインで、有観客で、チケットも有料で…。

「マックス」埋まった会場
SPYGEA「会場がマックス埋まっていたのは『すげーな!』と思いますよね」

SPYGEA:昔のこういうイベントって、無料で入場できたんですよ。でも僕の中では、無料でもマックス(全席)埋まらないというイメージがあったんです。それなのに今日は有料チケットで、会場がマックス埋まっていたのは「すげーな!」と思いますよね。

EAA!!:ステージから、客席にいる人たちの顔は見えましたか? EAA!!はPS3の時代からずっとFPSゲームをウォッチしてきたのですが、こういったイベントに来る観客の顔ぶれも変わりましたね。

SPYGEA:それは僕も思いました。エーペックスは…女性の観客もめちゃくちゃ多いんですよ!(笑)。シューティングゲーム、FPSって、女性は入りづらいというイメージが以前はあったのですが、エーペックスはカジュアル寄りに作られていて、キャラクターもすごくかわいい。それだけじゃないと思いますが、グッズもすごく買われている印象です。

SPYGEA:今日もチーム(FNATIC)のブースで撮影イベントをやっていたのですが、物販で買ってきたエーペックスのシャツをそのまま持って並んでくれている女性の方が多くて驚きました。会場の男女の比率も半々くらいでしたよね。これってすごいことだと思うんですよ。

EAA!!:他のFPSの大会だと…。

SPYGEA:見たことないですね(笑)。プレイヤーの男女比が半々のゲームって、すごいと思います。

シーズン14は「武器バランスがいちばん良い」

EAA!!:エーペックスのゲームコンテンツそのものについても、SPYGEAさんの視点で聞かせてください。8月にシーズン14「ハンテッド」がスタートしましたが、プレイしてみて、今のところどんな感想を抱いていますか?

SPYGEA:今は武器のバランスがいちばん良いですね。リングが縮まるのは早くなったんですけど、今までは第1収縮のパルスを食らいながらでも、回復を巻けば生き残れたので、ゲーム展開が遅かったんですよ。円が収縮する前も、みんな円の外側で戦闘している感じだったのですが、(開発側には)もう少しゲーム展開を早めたいという意図があるのかなと思います。

エーペックスレジェンズ: シーズン14「ハンテッド」の新レジェンド「ヴァンテージ」がお披露目! キングスキャニオンにマップ変更が実施
エーペックスのゲーム内ではシーズン14「ハンテッド」が進行中

EAA!!:新レジェンドのヴァンテージについてはどうでしょうか。

SPYGEA:僕は元々スナイパーを使ってたプレイヤーなので、好きですね(笑)。サードでスナイパーを持てて、ショットガンを持っていても使えるのも良いですよね。

FNATICに加入、エーペックス部門との関わりは?

EAA!!:SPYGEAさんは最近、FNATICのクリエイター部門所属となりましたが、FNATICのエーペックス部門のロースターの方々とは、一緒にプレイしたり練習したりすることはあるのでしょうか。

SPYGEA:選手のYukaFさんとはFNATICに入る前に一緒に遊んだことがあるんです。でも僕は入ってまだ1ヵ月くらいですし、エーペックス部門も始動してからそれほど時間が経っていないので、これから先、一緒にできることがあれば何かやろうかなというくらいですね。

写真_SPYGEAさん
SPYGEAさん、ありがとうございました!

EAA!!:ありがとうございました。今後の告知や、ファンへのメッセージがあれば、ぜひ一言お願いします。

SPYGEA:FNATICとしては、今後もエーペックスのイベントには出演し続けていくと思うので、応援よろしくお願いします。僕自身としては変わらず、Twitchで色々なゲームを触っていきますまで、ぜひ配信を覗いてください!

SPYGEAさん自身も述べていたように、現在はFNATIC所属であることから、FNATICのチームブースが出店される今後のイベントでも、SPYGEAさん本人に会えるチャンスが数多くあるでしょう。SPYGEAさん本人の配信はもちろん、公式インフォや、FNATICのTwitterからの最新情報は、これからも忘れずにチェックしておきましょう。

https://fpsjp.net/?p=427201
Jakks Pacific
¥1,700 (2022/08/05 19:01時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahoo

コメントする