BF1: 最新アップデート配信、グレネード補給の仕様変更や武器とガジェット調整など(CTE)

BF1: 最新アップデート配信、グレネード補給の仕様変更や武器とガジェット調整など(CTE)

先日運用開始となった『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』のCTE(コミュニティーテスト環境)ですが、2度めとなるパッチノートが公開されました。

今回は、グレネード補給の仕様変更や武器とガジェットの性能調整、対空砲やA7Vの弱体化、ガスの咳を抑制する改善などが含まれています。いつも通りCTEでの変更がそのまま製品版へ適用されるかは未定ですが、見逃せない項目も多数含まれるのでぜひ確認してください。

CTE 第2弾パッチノート

補給の変更

爆発系のガジェットやグレネードの過剰使用に対処するための努力の一貫として、グレネードの再補給の方法を変更した。今回の変更のゴールは「再補給が常に行われる状態でありながら、実際に使用できるグレネードの数を減らす」こと。必要以上に再補給の時間を長くすることなくそれを実現する。

一部ガジェットと同様に、全てのグレネードは残弾が無くなるとゆっくりと再補給が行われる。この再補給は弾薬箱の近くにいると加速する。

再補給時間は以下の通り:

  • フラグ: 36秒
  • 軽量対戦車: 36秒
  • インパクト: 36秒
  • 焼夷: 36秒
  • ガス: 27秒
  • ミニ: 24秒
  • スモーク: 18秒

弾薬箱近くにいると3倍速く再補給される。

  • 現時点では弾薬ポーチはグレネードの再補給を行わない

これらの変更は今後のリリースで変更される可能性がある。このシステムを拡張し、より多くのガジェットに適用できないか調査中。

武器およびガジェット

MG 08/15

  • 水平方向のリコイルを0.7から0.3に減少
  • 最高精度に到達するまでの射撃数を1発減少
  • PS4やXbox OneでPCよりも早くオーバーヒートしていたバグを修正。さらに新たにオーバーヒートのしきい値を67発に設定

M1911 拡張の粗悪なリロードタイマーを修正

  • タクティカルリロードの時間を1.4秒から1.6秒に増加
  • エンプティリロードの時間を2.3秒から2.6秒に増加
  • リロードのしきい値を1.1から0.78に減少
  • 段階的なリロードタイマーを修正

M1903 試作:

  • 発射レートを450から360に減少
  • 近距離ダメージを増加し、16メートル以内であればフルヘルスの敵を4発でキル可能に

自動式ライフル、Pieper M1893

  • リコイルの減少をよりスムーズに
  • ほとんどの自動式ライフルのリコイル値を調整。以前に行った変更とは異なる
  • プレイヤーが制御しなければならないリコイルの大きさをより正確に表すために、「コントロール」値の算出方法を更新

自動式ライフル

  • 射撃後の拡散のリセットが早すぎた問題を修正
  • 自動式ライフルの1発ごとの基礎拡散増加を0.25から0.2へ減少
  • 自動式ライフルの1秒ごとの基礎拡散減少を3.75から3へ減少
  • マークスマン、狙撃、光学照準バリアントのADS時での1発ごとの拡散増加ボーナスを減少。狙撃と光学はパッチ前の1発ごとの拡散増加である「0.125」を維持
  • マークスマン、狙撃、光学照準バリアントに1秒ごとに若干の拡散減少ボーナスを追加

M97 Trench Gunの所持弾数を1マガジン分減少

LMG

  • 移動しながらの腰だめ撃ち時の拡散を0.25度増加
  • 軽量バリアントのLMGで、「CONTROL」値が誤っていたのを修正

Madsen MG

  • 初弾のリコイル倍率を1.9から1.8に減少
  • 水平方向のリコイルを0.6から0.55に減少

MP18

  • 垂直方向のリコイルを0.38から0.35に減少
  • 試作バリアントの3発目のリコイル倍率(データ上では初段反動倍率)を1.8から1.5に減少
  • 試作バリアントのADS時拡散減少速度を2倍に

Automatico M1918

  • 垂直方向のリコイルを0.44から0.40に減少
  • 水平方向のリコイルを0.8から1.2に増加
  • 塹壕と突撃歩兵バリアントの初弾のリコイル倍率を2.65から2.8に増加
  • 初期仕様の初弾のリコイル倍率を2.65から2.33に減少
  • 初期仕様のリコイル減少を12から16に増加

Frommer Stop Autoの水平方向のリコイルを1.0から1.2に増加

Hellriegel 1915

  • 水平方向のリコイルを0.8から0.95に増加
  • オーバーヒートでADSをキャンセルするようになった
  • 移動しながらの腰だめ撃ち時の拡散を0.25度増加

グレネード

  • 衝撃信管グレネードの爆発までの最短時間を0.7秒から1.0秒に増加
  • 焼夷グレネードの爆発までの最短時間を0.67秒から1.3秒に増加
  • ミニグレネードのダメージを65から72に増加
  • 軽量対戦車グレネードの爆発内径を2.0から1.5に減少
  • 突撃兵の対戦車グレネードの爆発内径を2.0から1.5に減少
  • ワイヤートラップ爆弾(焼夷)の高いダメージと広い範囲を考慮し、携行数を2から1に減少

クロスボウ

  • 残弾をリロードしなくとも最大数まで補充されるように
  • 自動補充の時間を15秒から25秒に増加

その他

  • K弾の補充速度を5秒から2秒へ減少
  • 味方のガスによる制圧効果を減少させ、ガス制圧効果が低い段階の時に引き起こされる「咳」の発生を抑制

ビークル

対空砲

  • 航空機が押されたり回転させられるのを防ぐため、着弾時の爆風と衝撃を削除
  • 攻撃機と戦闘機への直撃ダメージを50%、爆撃機への直撃ダメージを40%減少

A7V

  • A7Vの火炎放射器の射程を、VFX(視覚効果)とより一致させるため、44mから24mに減少
  • A7Vの速度継承と初速を減少し、有効時間を増加させることで火炎放射器の動きがより予測しやすくなった

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 31 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By tac996

    敵も味方もドッグファイトなんて辞めて対塹壕戦闘機でウマウマしようぜ

  2. By OrubesuKo

    ヘルリーゲルまたナーフか
    援護兵もナーフくるしわいもうおしまいや

  3. By とんとん

    援護兵ひでぇな…

  4. By ケロケロ

    今回のパッチは酷いな。基本弱体化しかない上に結局攻撃機や戦闘機に関しては、相対的に強くなってしまうという。これ本当にユーザーの声が反映されてるのか?

    p.s. 「突撃兵の対戦車グレの爆発半径が1.5から2.0に減少」ってなってるけど、翻訳ミスかな?

    • By EAA!!

      「2.0から1.5に減少」のミスでした。ありがとうございます!

  5. By アッラーーーー!!!

    ダート戦闘機民覚醒

  6. By 野獣後輩

    M1903試作 使えそうで草

  7. By 野獣後輩

    m1903試作 使えそうで草

  8. By 具なしめじ

    援護兵辞めたくなる修正だわコレ やってられん

  9. By 遊牧民 k

    戦闘機が据え置きで対空砲ナーフとか流石に運営の頭がどうかしてるわ🤔

    • By a

      戦闘機、攻撃機は必ずと言って逃げ切られる。射程が短いからすぐ距離を離されるし、オーバーヒートが早いから削り切れない、ダメージも足りない。この三つのどれか一つでも強化されれば、三つ全て解決するのに。爆撃機へのダメージ減少なら妥協できたが、削り切れない逃げられる、現状一番の問題の戦闘機と攻撃機のダメージ下げるって擁護の価値がない程、何一つ改善されてる所がマジで見つからないし、むしろ悪化させるって頭に蛆湧いてるとしか思えない。BFHの失敗で頭いかれたんだろう。

  10. By あまみだなさか

    空関係がかなり気になる

コメントする