BF4:「春パッチ」プレビュー、5種の新武器や全武器バランス調整、ガンマスター復活など

BF4:「春パッチ」プレビュー、5種の新武器や全武器バランス調整、ガンマスター復活など

DICEが鋭意製作中の『BATTLEFIELD 4(バトルフィールド 4)』向け大規模パッチ「春パッチ」ですが、現在までに判明している追加や変更を紹介するプレビューが公式ブログにて紹介されています。「春パッチ」は5月末の配信を予定しています。

5種の新武器

今回追加される武器は、DICEが昔からのファンのお気に入りとして選んだ5種で、ゲームプレイにおいて独特で個性ある側面を持っていることが選考の基準になっています。

  • 新アサルトライフル(AN-94):ユニークなバースト射撃でのゲームプレイが特徴で、ファンも復活を熱望していました。
  • 新カービン(Groza-1):備え付けのバーティカルグリップが特徴の、ユニークなブルパップのカービン。
  • 新PDW(Groza-4):備え付けのサイレンサーが特徴の、ユニークなPDW。
  • 新ピストル(Mare’sLeg):マグナム弾を使用するユニークなスナイパータイプの長距離ピストル。
  • 新LMG(L86A2):マガジンタイプのLMGで、ベルトマガジンタイプのLMGとアサルトライフルの中間のようなバランス。ラン&ガンができるユニークなLMG。

以下はクールなスクリーンショット撮影で知られるBerdu氏がCTEで撮影したクールな新武器画像。

全武器のバランスの調整

全ての武器のへ、ダメージの調整、減衰とサプレッションのモデルの変更が含まれ、ゲームへ与える影響は大きいと言えます。

bf4-spring-patch-blog

今回の調整の目的は各武器クラスに明確な役割を持たせること、そしてリコイルの増加と2発ヘッドショットを復活させることで、プレイヤースキルの重要性を高めることにもなりそうです。

その他にも、高連射力の武器の影響力を下げることや、一人称時の弾のインパクト等のエフェクトや音の改善も予定されています。

ガンマスターの復活

『BF3』で登場したガンマスターが5つのバリエーションと共に復活。ガンマスターはデスマッチのような方式で、武器の選択は行えず、所持している武器で2連続キルをすると武器が切り替わり、最後の武器でキルをしたプレイヤーが勝利するユニークなモードです。

  • スタンダード : ライフル、マシンガン、ショットガン、ピストルが含まれ、M9 bayonetが最後の武器。
  • クラシック : クラシックのライフル、マシンガン、ショットガン、ピストルが含まれ、M9 bayonetが最後の武器。
  • ピストル : ピストルのみ、サバイバルナイフが最後の武器。
  • DLC : ファントムボウを含むDLCの武器のみ。
  • Troll : お祭りモードとして用意されており、防弾シールドで始まりさらにそこから面白くなってくる。

安定性の改善とネットコードのアップデート

全てのプラットフォームにおいてクライアント側の安定性を大幅に改善し、頻繁に起きているクラッシュの修正が行われます。

特にPCのクラッシュはCTE内で修正の確認が行われており、クライアントとサーバー側に修正を加えるとのこと。ただし、グラフィックカードのドライバーが古いために起きるクラッシュは修正対象とならないので注意が必要です。

DICEはPCのユーザーへの注意点として、「春パッチ」の恩恵をフルに受けられるよう、グラフィックカードのドライバーを最新の安定バージョンにアップデートすること、オーバークロックを最低限に抑えることを推奨しています。

パッチノートは?

パッチノートは「春パッチ」のリリース日周辺で公開される予定となっており、細かい修正項目はそこで判明するものと思います。

「春パッチ」の後にはコミュニティーマッププロジェクト過去作マップのリメイクのリリースも予定されており、これからリリースされる全てのコンテンツは無料であることも判明しているので、これからの「BF4」はまだまだ盛り上がりそうです。

Source: Battlelog