CoD:BO3:日本版ベータのマッチメイクが若干改善、SCE「現在確認中」

CoD:BO3:日本版ベータのマッチメイクが若干改善、SCE「現在確認中」

現在ベータテストが行われているPS4版『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』へ、新たなアップデート(ホットフィックス)が配信されました。

まだまだ改善中

bo3-beta
パッチノートは公開されていないため具体的な内容は不明ですが、昨日までは頚椎と指を複雑骨折するほど鳴らしていたRuinが稀に出陣するようになり、「ある程度」は改善されたようです。

ボタン押下後に、瞬時に試合が始まる海外版にはまだまだ遠く及ばない状態ですが、Treyarchは現在も改善を続けているようです。

国内での『CoD:BO3』パブリッシャーとなっているSCEもマルチプレイによるマッチングが成立し難い状況を認識しており、続報を待って欲しいとしています。

初のパッチとなるアップデート1.01でもマッチメイクの安定性改善が行われていましたが、パッチ配信後にもActivisionはマッチング問題の修正作業中であることを報告していました。

65%が全くプレイできず

ベータテストの期間は2015年8月23日(日)までですが、19日に行ったEAAで行った簡易アンケートによると大多数のプレイヤーがプレイできていません。

bo3-enquete

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。