CoD:BO3:複数の武器やスペシャリストを調整、Razorbackやリジャック弱体化など

CoD:BO3:複数の武器やスペシャリストを調整、Razorbackやリジャック弱体化など

現在Xbox One&PCでベータが行われている『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』にアップデートが配信され、多数の武器やスペシャリストのスキルに強化や弱体化などの調整が加えられました。

武器のアップデート

  • M8A7:バースト間隔を増加、上に向かうリコイルパターンを僅かに増加。
  • Drakon:リコイルを増加、レートを少し高く、1ショットキルできる部位が胸上から首上に。
  • Razorback:4ショットキルできる距離が1250ユニットから800ユニットに(Huntedの橋は850ユニット)、リコイルを僅かに増加。
  • HVK:腰だめ時の弾の拡散を少し縮小。
  • Vesper:4ショットキルできる距離が350ユニットから300ユニットに。
  • Haymaker:レートが10%増加。通常マガジンを約2.25秒で撃ち尽くすように。
  • KRM:至近距離のダメージが増加。250ユニット以内は1ショットキルに。250ユニット以上離れている場合、ADS時でも1ショットキルではなくなる。
  • XR-2:バースト間隔を1フレーム増加。

スペシャリストのアップデート

  • キネティックアーマー:効果時間を5秒から7秒に増加。
  • アクティブカモ:効果時間を4秒から5秒に増加。
  • グリッチ:獲得までの時間が1.5分から2分に、巻戻れる距離が800ユニットから700ユニットに減少。
  • ビジョンパルス:索敵距離が1600ユニットから1400ユニットに減少。
  • リッパー:スコア無しから獲得までの時間が3分から2分に減少、攻撃しなかった際の効果時間を15秒から20秒に増加。
  • テンペスト:ビームの大きさが僅かに縮小、ヒットした敵がキルカメラに移行するまでの時間が3秒から2.5秒に。
  • スピードバースト:効果時間を5秒から5.5秒に増加。
  • ウォーマシン:弾数が8発から6発に減少、爆発半径が僅かに縮小。
  • リジャック:スコア無し状態での獲得までの時間が2分から3分に増加、起き上がるまでの時間が1秒から1.5秒に変更。

これらの調整は僅かな変更で大きな影響を及ぼすものもあり、繊細なバランス取りが要求されそうです。

なおこのアップデートは、先週行われたPS4のベータにも配信されていたとのことです。

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。