チームワーク重視のリアル系FPS『Insurgency: Sandstorm』発表、2017年発売(PS4,X1,PC)

チームワーク重視のリアル系FPS『Insurgency: Sandstorm』発表、2017年発売(PS4,X1,PC)

関連記事:チームワーク重視、リアル志向なFPS『INSURGENCY』 Steamでリリースへ

Source EngineのMOD『INSURGENCY: Modern Infantry Combat』としてリリースされ、後にスタンドアローン発売されたリアル系FPS『Insurgency』ですが、シリーズ最新作『Insurgency: Sandstorm(インサージェンシー:サンドストーム)』が発表されました。

パブリッシャーFocus Home InteractiveとデベロッパーNew World Interactiveの連携によって、Unreal Engine 4での再構築とコンシューマ機への対応を果たします。発売日は2017年で、対応機種はPlayStation 4/Xbox One/Windows/OS X/Linux。

Insurgency

元となった『Insurgency』は、イラク戦争を舞台としたチームワーク重視タクティカルマルチプレイFPSです。Steamでの価格は¥ 1,480で、動作の軽さやCo-opの楽しさで高い評価を受けています。以下は『Insurgency』のプレイ動画です。

Insurgency

新旧比較画像

『Insurgency: Sandstorm』はUnreal Engine 4での再構築とコンソール対応に加え、新たにキャンペーンモード、マルチプレイヤーモード、画面分割モードも搭載されます。以下は前作との比較画像です。

Insurgency
Source Engine版
Insurgency
Unreal Engine 4版
Insurgency
Source Engine版
Insurgency
Unreal Engine 4版

またデベロッパーであるNew World Interactiveは、e-Sports向けのシステムも実装中。『Insurgency: Sandstorm』が発売するまでの間、『Insurgency』でシステムのベータテストを実施し、コミュニティからの意見を仰ぐとしています。

Source: newworldinteractive.com