CoD:IW:悪役はキット・ハリントン氏で確定、映画監督ガイ・リッチー氏の参画も発表

CoD:IW:悪役はキット・ハリントン氏で確定、映画監督ガイ・リッチー氏の参画も発表

海外の大ヒットドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役で知られるイギリスの俳優キット・ハリントン氏の登場が噂されていた『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』ですが、Activisinが氏が悪役として登場する旨のプレスリリースを発表。更に著名な映画監督のプロジェクトへの参加も明らかにしました。

Infinity Wardのナレーティブディレクターであるテイラー・クロサキ氏によると、ストーリーは敵対する勢力の壮大な決戦を描くもので、キット氏は敵勢力であるSettlement Defense Front(SDF)の化身として登場し、今までの彼の役柄とは大きく異なるキャラクターを演じるとのこと。

ツイッターでは実際にキット氏がモーションキャプチャーでの撮影を行っている映像も公開されています。

さらにプレスリリースではなんと映画「スナッチ」、「シャーロック・ホームズ」、「コードネーム U.N.C.L.E.」などを手がけた映画監督、ガイ・リッチー氏の参画も発表。彼の明確な役割は発表されていないものの、キット氏が演じるキャラクターに息を吹き込む手助けを行なっているとしています。

日本時間の6月14日(火) 午前11:00にE3で行われるPlaystationカンファレンスにて、キャンペーンモードの映像や詳細の発表が行われる本作ですが、キット氏が演じるキャラクターも登場するものと思われるので、EAA!!での続報にご期待ください

『CoD:IW』の発売日は2016年11月4日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のデラックス版にはキャンペーンとマルチプレイヤーを搭載した『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱されます。

source: Charlie Intel