PS VR『CoD:IW』 ”Jackal Assault” プレイレポート

PS VR『CoD:IW』 ”Jackal Assault” プレイレポート

東京ゲームショウ2016のプレイステーションブースにて、『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』のストーリーモードに則ったスピンオフコンテンツ”Jackal Assault”をプレイすることができたので簡単なプレイレポートをお届けします。

PS VR『CoD:IW』 ”Jackal Assault”

VR『CoD:IW』 ”Jackal Assault” プレイレポート。あくまで「オマケ」なのか

本作のストーリーは「自分たちの宇宙船に隕石が当たってしまい、修理を試みているところへ敵艦の群れが急襲してきた」とのこと。公開されたキャンペーンの序盤と似たシーンが展開されるものの、それとは全く別のオリジナルの宇宙戦闘VRゲームです。

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』 「SHIP ASSAULT」トレーラー

自機「ジャッカル」に乗り込みPlayStation VRで周りを見渡すと、前後左右上下に広がる戦闘機内部や、自機が格納されているドックをすべて見渡せます。アーミーな宇宙服を着込んだ操縦桿を握る手や、前方に突き出したワイルドな足もしっかり確認可能。

とてもシンプル

宇宙戦闘機の操作は非常に簡単で、自機の上下左右の移動をスティックで操作。武器としては無限に打てるマシンガンと、ロックオン式の誘導弾の2種類が使用可能。便利な誘導弾も無限に撃てますが、若干のチャージ時間が必要です。

codIW-PSVR

ゲームはあらゆる方向から飛んでくる敵機の群れを、両方の兵器で撃ち落として進んでいきます。気になったのは、状況の変化は多少あったもののやることは変わらずに淡々と進み、「CoDらしさ」は感じられず、CoDである意義も伝わってこないこと。ただ飛んでいる幾つかの敵を打ち落とすだけのシンプルなゲームに感じてしまいました。最後に敵艦が極太のレーザーのようなものを発射し始め、(恐らく)自機も撃たれて終了。

ちなみに演出を観たいがためにワザと撃たずに放置するようなプレイで、最後に表示された最終スコア(撃墜数?)は確か56ポイントくらいでした。サポートしてくれた女性によると、これはなかなかに高い数字で、ゲーム慣れしてないプレイヤーは20-30だそうです。

『CoD』としては少し残念

正直個人的には、ゲームプレイ部分で盛り上がったのは最初の戦闘機に座っているシーンのみで、現時点では本編の軽いおまけとしか言えないと感じました。

ただし、これはあくまでも『CoD:IW』購入者向けの「無料」ボーナス・コンテンツです。とは言え、同様に戦闘機への搭乗や宇宙戦闘シーンが繰り広げられる『Star Wars バトルフロント: X-Wing VR Mission』(詳細記事)と比較してしまうと、なぜか『X-Wing』の方が圧倒的な臨場感と喜びを感じました。期待が高すぎたのか、もしくは「スター・ウォーズ」ファンだからかもしれませんが。

”Jackal Assault”は『CoD』の名を冠している割には少々寂しい気分ですが、まだベータ板だと思われるので、今後のパワーアップに期待したいと思います。

なおPS VRでシューターを楽しみたいならば、価格未定ながらPS VR初の本格FPS『Farpoint』の方が現時点ではオススメできます。

『CoD:IW』の発売日は2016年11月4日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のデラックス版にはキャンペーンとマルチプレイヤーを搭載した『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱されます。