CoD:AW:プレイヤーから嫌われた「ジンジャーブレッドマン」、難病の少年の願いによるものだった

CoD:AW:プレイヤーから嫌われた「ジンジャーブレッドマン」、難病の少年の願いによるものだった

2015年11月、『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』に追加され、決してクールとは言えず世界観にも合っていないために、多くのプレイヤーから非難された新EXOスーツ「ジンジャーブレッドマン」。

約1年の月日が流れた現在、開発元のSledgehammer Gamesがこのゲーム内アイテムの開発に至ったストーリーを始めて明かしました。

マイケル・コンドリー氏はその理由を、「ある少年がメイク・ア・ウィッシュに届けたもので、彼の名前は服装にアイシング(クリーム状のペースト)で書かれている。とても慎ましい願いで、光栄だった」と語っています。

メイク・ア・ウィッシュは難病と闘う子どもの夢を叶え、生きる活力を与えるというボランティア団体。そのプロジェクトの内容は非公開となっていますがコンドリー氏の発言から予想するに、難病を抱えるジュリアンという名前の少年が、『CoD:AW』へジンジャーブレッドマンの服装を追加して欲しいと願ったようです。

ジンジャーブレドッドマン
海外ではお菓子や絵本の題材としても人気
緑のネクタイの下に「ジュリアン(Julian)」の文字
緑のネクタイの下に「ジュリアン(Julian)」の文字

Sledgehammer Gamesは、経済的な問題で家がない家族に住居を提供するCompass family serviceにへの支援も発表しています。彼らにとってはゲームを開発するだけではなく、子どもの夢を叶えることも大事な任務(Duty)なのかもしれません。

Source: Polygon

RECOMMEND