CoD:BO6 正式発表

CoD:AW:プレイヤーから嫌われた「ジンジャーブレッドマン」、難病の少年の願いによるものだった

  • URLをコピーしました!

2015年11月、『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』に追加された新EXOスーツ「ジンジャーブレッドマン」。

決してクールとは言えず世界観にも合っていないために、多くのプレイヤーから非難されることになりました。

約1年の月日が流れた現在、開発元のSledgehammer Gamesがこのゲーム内アイテムの開発に至ったストーリーを始めて明かしました。

CONTENTS

「ジンジャーブレッドマン」実装に隠されたストーリー

マイケル・コンドリー氏はその理由を、「ある少年がメイク・ア・ウィッシュに届けたもので、彼の名前は服装にアイシング(クリーム状のペースト)で書かれている。とても慎ましい願いで、光栄だった」と語っています。

メイク・ア・ウィッシュは難病と闘う子どもの夢を叶え、生きる活力を与えるというボランティア団体。そのプロジェクトの内容は非公開となっていますがコンドリー氏の発言から予想するに、難病を抱えるジュリアンという名前の少年が、『CoD:AW』へジンジャーブレッドマンの服装を追加して欲しいと願ったようです。

ジンジャーブレドッドマン

海外ではお菓子や絵本の題材としても人気

緑のネクタイの下に「ジュリアン(Julian)」の文字

緑のネクタイの下に「ジュリアン(Julian)」の文字

Sledgehammer Gamesは、経済的な問題で家がない家族に住居を提供するCompass family serviceにへの支援も発表しています。彼らにとってはゲームを開発するだけではなく、子どもの夢を叶えることも大事な任務(Duty)なのかもしれません。

関連記事

オーバーウォッチ』では、勇気ある行動で命を落としたファンをゲーム内で追悼しています。

あわせて読みたい
オーバーウォッチ:「英雄は死なず」 勇気ある行動で命を落としたファンをゲーム内で追悼 世界を悪の手から守るために集結したヒーロー集団を描く『Overwatch(オーバーウォッチ)』ですが、ゲーム内のヒーローと同様に正義のための行動を取り、不幸にも命を落...

Source: Polygon

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (33件)

  • う…そんな話をされると非難しづらくなる…

  • しかし過疎で苦しんでいるファンを救うことはできなかった・・・PC版100人くらいしかいないゾ
    あとスーツとまでいかずとも、コーリングカードとかにすればよかったと思うんですが

    • PC版って全盛期でそれぐらいしかいないのかと思ってた

  • しかし戦場では有無も言わせずライフルで撃ち抜かれていたのであった

  • このゲームやってる奴にそんな思いやりの感情なんてあると思うか?

    • 普通の感情あるやつだってfpsやってんだろww

    • 実装と同時に喧伝されるよりも、俺はこれみたいに後からひっそりと明かされた方がなんか好きだな。
      まぁその間非難轟々なわけだけど…

1 3

コメントする

CONTENTS