CoD:WWII: 今後の修正と改善内容発表、試合後の長いロード修正や操作方法「バンパー・ジャンパー」サポートなど

CoD:WWII: 今後の修正と改善内容発表、試合後の長いロード修正や操作方法「バンパー・ジャンパー」サポートなど

Sledgehammer Gamesのマイケル・コンドリー氏は、『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』へ日本時間の8月27日の早朝にかけてプレイリストの変更やバグの修正などをアップデートを配信すると予告しました。

今後の修正と既知の問題

中でも大きな修正として、試合終了後の遷移時にロビーのロードに遅延が発生するバグの修正が挙げられます。また、ベータ期間中にプレイヤーから送られてくるフィードバックの質や、ゲームデータの量に感銘を覚えるとし、ベータ2日目を締めくくる下記のノートを公開しました。

  • eスポーツ関連の新機能である新たなオーバーヘッドカメラへの反応はポジティブである。オブジェクティブが見にくい(特にハードポイント)というフィードバックが寄せられたため、現在すでにローンチに向けた解決策に取り組んでいる。
  • クライアントのアップデートを行うためにゲームの再起動を行うと、アップデートがループし続けてしまうという報告を一部のプレイヤーから受けている。トラブルシューティングを行うことでの解決と、さらなる調査を行っている。
  • カラーブラインド設定がメニューに無いという問い合わせをもらっている。ベータには登場しないものの、ローンチでの公開に向けて開発を行っている。
  • コントローラーの設定「バンパー・ジャンパー」へのリクエストに関しては、機能のサポートをローンチにて行う計画。
  • プレイリストのバラエティーに関してのフィードバックに関して、調整と改善をおこなった。今後もより多くのマップとモードが登場することで更に改善が進む。
  • スコアストリーク「Paratroopers」で特殊なケースでの問題が発生しているというフィードバックが寄せられた。いくつかの調整を本日行ったが、我々が望むような問題の核となる部分への修正には至らなかった。さらなる修正を今後行っていく。
  • 一部のプレイヤーに発生している、マップのロードスクリーンにて招待を許可すると、メインメニューに強制的に戻ってしまうバグの調査を行っている。
  • 招待されたプレイヤーが試合へ参加している時に招待を許可し、さらに招待をしたプレイヤーも同時に試合へ参加している場合にクラッシュしてしまうバグが存在する。
  • Incendiary Shellsが強すぎるという意見が寄せられている。データに基づいて弱体化が必要かの判断を行っていく。
  • パーティーのUIや体験の改善中。実装時期は未定だが開発は活発に行われている。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit