アクティビジョンCEO「CoD:IWは余分だったかもしれない」、原点回帰の『CoD:WWII』が生まれた理由

アクティビジョンCEO「CoD:IWは余分だったかもしれない」、原点回帰の『CoD:WWII』が生まれた理由

先行ベータ第2週の開催が9月2日午前2時に迫り、ますます盛り上がりを見せる『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、配給元であるアクティビジョンのCEO、エリック・ハーシュバーグ氏が海外メディアのインタビューに登場。前作の『CoD:IW』が選択ミスだとするような発言や、本作で第二次世界大戦の設定を選択することになった興味深いエピソードなどを披露しました。

CoD:AW2からCoD:WWIIへ

- なぜ第二次世界大戦の設定に戻ったのか?アイデアはどれくらい前から会社の中にあったのか?どうやって今回の「逆行」を担当するスタジオを決定したのか?

素晴らしい質問だね。より科学的根拠のある回答があると良いのだけど、本能的なところが少しと、あとは多くの会話によって決められたことだった。様々な要因が組み合わさって結論に至ったが、キッカケとなったのは少し前に『CoD』コミュニティーは近代の設定に飽きてきており、誰もがイノベーションと新しい体験を求めていた時期があったことに始まる。

そこからフランチャイズを未来の設定にする実験が始まったんだ。後になってからだからこそ言えることだけど、皆も同意すると思う。未来設定でのタイトルが1つ余分だったかもしれないと(笑)。昨年のタイトル(CoD:IW)の品質を言うわけではないが、多くのイノベーションや楽しめる新要素などが増えてはいたものの、1つ多すぎた未来設定の作品であったと私は考えている。

CODIW-infinite_warfare_continuum_dlc2_multiplayer_excess_ma

その2年半前に、我々はプレイヤーの気持ちになって考えはじめ、そしてルーツに戻りたいという願望に耳を傾け始めたのかもしれない。開発に3年を要するゲームを作る際に、意見が変わる波に完璧に合わせようとするのは少し無駄だと言える。もちろんそれだけではなく、チームの情熱にも耳を傾けた。私は「素晴らしいゲームはその開発に情熱をもったチームでなければできない」と強く信じている。

つまり私がどれだけ正しいタイミングだと思い、意見やディスカッションで明確な立場を貫いたとしても、情熱と素晴らしいアイデアを持ったチームやそれを実現する環境がなければ、本来であれば避けなければならない「失敗への道」を進んでいくことになってしまう。今回はその立役者がたまたま揃ったと言える。

当初、Sledgehammer Games(SHG)が望んでいたのは『CoD:AW2』だった。その理由はまったく当然のことで、長年続く固有のフランチャイズとしての続編を望まない開発者はいないからだ。しかし、「君たちは第二次世界大戦はどう思う?みんなの中で、原点に回帰するには良いタイミングだと考えている人たちがが数人いるんだ」と会話の口火を切り、なぜこのチームでという質問をし始めると、我々全員がSHGが作った第二次大戦をプレイしたかったことが分かったんだ。

『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』

それぞれのリードスタジオ(SHG、Infinity Ward、Treyarch)は様々な面で互換性があるといえるけど、それぞれ固有の持ち味をフランチャイズで活かしている。その持ち味から産まれる違いこそが、フランチャイズが成功している理由の1つだ。そして、「スレッジハンマー(大型ハンマー)」の名が表すように、彼らがもたらすインパクトと映画のようなスケール、『CoD』にとってビッグな瞬間は、他のスタジオと同様かそれ以上にSHGが得意としていると考えている。

それが、「実際にあった最大規模の戦争」の、大きく壮大なスケールとマッチするのはとても自然だと感じたんだ。そこからSHGとそのチームが大きな好奇心を覚えるまでには時間はかからなかったし、すぐに走り始めたんだ。この開発最初期の会話が第二次大戦という舞台を選んだきっかけとなり、そこからうまく事が運んで今の我々がある。

CoD:AWの復活は?

- 世間の”波”がもう一周して『CoD:AW』に戻るようなことはあるか?

オーゴッド!(笑)。えーっと、もしかしたら・・・やっぱわからないね(笑)。明確な意見は言いたくない。電車に乗っていると常に風景が変わるような、そんな感じのものなんだ。

CoDの今後は?

- 『CoD:WWII』は古くからのファンを満足させるだけの1回限りのものとなるのか、それとも今後の『CoD』作品を決定づける未来の指針となるのか?

そうだね、今から数年に渡る計画をここで見せるわけには行かないのは知っていると思うけど、一回限りである必要は無いと見ている。第二次世界大戦の設定は幅広く、とてもリッチな領域だ。今回一度限りだけではなく、より深掘りしていく領域となる可能性は大いにあると思う。

CoDWWII-keyart-05

以上です。『CoD:IW』は決して駄作ではなかったものの、ユーザーたちは未来設定に食傷気味だったのは周知の事実。また、世界最大規模のゲームフランチャイズと言える『CoD』の舞台設定という重要な決断において、戦略的というよりは開発スタジオとの会話のなかでよりクリエイティブに意見を交わし、情熱を大事にして開発を進めていくというスタイルには驚きとともに共感を覚えます。

新作の『CoD:WWII』先行ベータ2週目が9月2日午前2時に迫っていますが、早くも来年の『CoD』作品の舞台設定が気になるインタビューとなりました。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: GameInformer

購読
通知
guest
138 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
coco beru
3 年 前

発売するまでは神ゲー
発売してからはクソゲー

なり
なり
3 年 前

iwとbo3どっちも駄作だと思うんだけどなぁ。bo3 とかbo2とほぼ変わってないし、むしろ劣化してるというのにあの売れ具合。iwは未来系の新作なのにも関わらずマップ除いた操作システムとかがほぼbo3と一緒なのが問題だった。awは一番スピード感あって面白かったのにあの過疎過疎な人口。codはどう頑張ってもTA製以外人があんましいないからクソゲーになるのが悲しい。ww2はどうなるか知らんが。

Yu
Yu
3 年 前

bf1出たから対抗してwwⅡを出したのかと思ったw 過去対戦をcodでは表現しきれないな。俺はiPadで攻撃機キルストは呼ばねぇぜ。俺がキルストだ!

®️
®️
3 年 前
返信する  Yu

Bo2とBo3がほとんど変わらないって本気で言ってる?

tu
tu
3 年 前
返信する  ®️

まぁ悪くなったって所しかないなbo3 は。TA製のいつものマップが救い

LED
LED
3 年 前

今だからこそアクティビジョンに問いたい。
何故MWRの調整を全くしない?
MWRはダイヤの原石だ。
武器バランスやリスポーン、パークやキルストを見直せば良ゲーになる可能性を秘めている。
オリジナルを忠実に再現するだけが仕事じゃないはずだ。
できることが数多くあるのに何故手をつけない?
本気でゲームを楽しいものにしようとしているのか?
今のCoDにはプレイヤーを喜ばせようとする意志がないように感じる。

Anonymous
Anonymous
3 年 前
返信する  LED

手を加えるなって言ったのはユーザーやで。
追加武器入れた時点で調整かけてもいいと思うが。

Anonymous
Anonymous
3 年 前

普通にIW面白いんだが

Anonymous
Anonymous
3 年 前

iwの方がbo3のブースターより使いやすいし良作

Anonymous
Anonymous
3 年 前

IWは駄作だろ(笑)

Anonymous
Anonymous
3 年 前

AW2お願いします

Anonymous
Anonymous
3 年 前

いや実際IWって動作の安定性凄くよかったし
リスはシンプルだし
スポーティーなFPSとしてかなりの良作だと思う

武器ガチャはまぁアレだけど

レーヴ&#1244
3 年 前

IWさん・・・

ナナシ
ナナシ
3 年 前
返信する  レーヴ&#1244

IWの武器ガチャは別に出なくてもやってればサルベージで買えたりするのがほとんどだからまだ良い
キーもゾンビで貯められるしゾンビのガチャでも武器がたまるから良い方
それに比べてBO3はガチャで当てないと何一つ手に入らないから腹立つ
レベル1000だけど持ってる新武器は
HG40
ファマス
L4シージ
ボクシンググローブ
エンフォーサー
アイアンジム

これしか持ってない
しかもこれらは武器確定の時のドロップで当てたものばかりですよ
普通にドロップ引いて出たことがない

1 2 3 11