PC版『CoD:WWII』オープンベータの事前ダウンロード開始、ネイティブ4K対応や250fpsサポートなども判明

PC版『CoD:WWII』オープンベータの事前ダウンロード開始、ネイティブ4K対応や250fpsサポートなども判明

9月29日より開始される『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、その事前ダウンロードが開始されました。またベータ版でアクセスできるコンテンツも発表されています。

PC版ベータ限定の機能

  • ネイティブ4Kサポート
  • フレームレート制限スライダー(最大250fpsまで)
  • FOVリサイズ
  • キーボード・マウスの完全なリマッピング
  • コントローラーサポート
  • G-Syncモニターサポート
  • ウルトラワイドモニターサポート
  • ハイレゾリューションマウスサポート
  • アドバンスの映像設定

コントローラーのサポートは行われますが、ゲームをPCでのゲームプレイに最適化させるためにエイムアシストは無効化されます。

PC版ベータのコンテンツ

PC版ベータでアクセスできるコンテンツは、先日開催されたコンソール版オープンベータ最終週と同等となっています。

  • マップ: Pointe du Hoc、Ardennes Forest、Gibraltar、Aachenの4つ
  • ウォーモード用マップ: Operation Breakout
  • ゲームモード: Team Deathmatch、Domination、Hardpoint、Kill Confirmed(Mosh Pitでアクセス可能)
  • 師団: 歩兵、空挺、機甲、山岳、遠征
  • 進行: プレイヤーはレベル1から始まり、レベル35までにアンロックできる武器、スコアストリーク、装備を使用できる

PC版ベータで使用できない機能・コンテンツ

以下はローンチ後の製品版で使用できます。

  • HDRサポート
  • マルチモニターサポート
  • ヘッドクォーター
  • サプライドロップおよびそのアイテム
  • 完全な進行
  • 残りのマップおよびモード
  • 追加のウォーモード用マップ
  • すべての武器、スコアストリーク、基礎トレーニング、装備

PC版ベータの最小スペックおよび推奨スペックは以下をご覧ください。

CoD:WWII:PC版オープンベータが9月29日から開催決定、最小スペックも判明

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Activision Community