ゲーミンググラス「G-SQUARE アイウェア」の低価格モデル「Casual Model」登場、約1万円安

ゲーミンググラス「G-SQUARE アイウェア」の低価格モデル「Casual Model」登場、約1万円安

株式会社二デックは、ゲーミングアイウェア「G-SQUARE アイウェア」シリーズに新モデル「Casual Model」の発売を発表しました。G-SQUARE アイウェアとは、二デックとプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」が共同開発したゲーミングアイウェアで、価格は19,000円(税別)。

上位モデルの「Professional Model」は28,000円(税別)なので、「Casual Model」は9,000円引きのモデルとなります。

G-SQUARE アイウェア 製品特徴

特殊なコーティング技術でコントラストが向上、ブルーライトもカット

ネッツペックコーティングと呼ばれる、半透明の特殊金属を六角形の網目状にレンズの内側へコーティングする技術を使用。これによりピンホール効果が発生しコントラストが向上するので、長時間ゲームをプレイする方やパソコン作業をする方におすすめだとのこと。また独自のレンズ染色技術により、もはやメガネ業界定番となったブルーライトカット機能も搭載。

G-SQUARE アイウェア Casual Model

長時間ヘッドセットを用いるゲーマー向けに設計されたフレーム

フレームには軽量で耐久力のあるチタン素材を使用。しなやかでバネ性を持ち合わせているので、ヘッドセットを着けた状態でもしっかりとフィットしつつ耳周りの負担は最低限に抑える設計になっています。また、テンプル(つる)の部分はストレートタイプのためヘッドセットを着けたままでもグラスの着脱が容易にできます。耳あての部分はシリコンラバーになっており、使用者の耳の形状に合わせて変形します。

G-SQUARE アイウェア Casual Model

製品概要

価格は安くなりましたがアイウェア従来の機能はそのままだとのこと。低価格モデルでのフレームは中国製となっているので、安さの秘密はここにあるのかもしれません。

Source: value-press.com

RECOMMEND