オーバーウォッチ:「 オーバーウォッチリーグ」の初週視聴者数が1,000万人突破

オーバーウォッチ:「 オーバーウォッチリーグ」の初週視聴者数が1,000万人突破

Blizzard Entertainmentは、『Overwatch(オーバーウォッチ)』の公式リーグ「オーバーウォッチ リーグ」のオープニングウィークの視聴者数が1,000万人を突破したことを発表しました。

1分あたりの平均視聴者数は408,000人に

overwatch オーバーウォッチ リーグ

オーバーウォッチリーグ、オープニングデーの1分あたりの平均視聴者数は408,000人にのぼり、1週間では280,000人となりました。初日に行われたDallas FuelとSeoul Dynasty試合では、最大同時視聴者数が437,000人に到達。さらに、Blizzardアリーナ・ロサンゼルスではオープニングウィークすべての観戦チケットが完売しています。Twitch、MLG、そして中国のライブ配信サービスのZhanQi TV、NetEase CC、Panda TVを通し、4日間で1,000万人以上もの視聴者が試合を観戦しました。

関係者コメント

Major League Gaming (MLG)のプレジデント兼CEO、Pete Vlastelica

オーバーウォッチ リーグのオープニングウィークの圧倒的な反響をとても嬉しく思っています。しかし、これは始まりに過ぎません。オーバーウォッチ®には3,500万人以上のプレイヤーが存在することから、オーバーウォッチ リーグはあらゆるスポーツにおいて世界最大の視聴者を集めるリーグとなる可能性を秘めています。

オーバーウォッチリーグのコミッショナー、Nate Nanzer氏。

BlizzCon 2016でオーバーウォッチ リーグを発表して以来、世界中のオーバーウォッチ競技コミュニティが一堂に会するこの日が来るのを、我々はずっと楽しみにしていました。Blizzardアリーナ・ロサンゼルスの会場を訪れたファンはもちろん、世界中で配信を視聴した数百万人のファン、そしてプレイヤーたちにとって、オープニングウィークは盛大なお披露目パーティーとなりました——彼らが持つゲームに対する情熱のあらわれです。

TwitchのCOO、Kevin Lin

Twitchにはオーバーウォッチの熱狂的なファンが多く存在していますので、オーバーウォッチ リーグ初開催シーズンの配信には大きな期待を寄せていました。選手たちは素晴らしい戦いを披露し、オーバーウォッチを支えるファンたちはこの記念すべき日のために大勢集まりました。コミュニティからの反響を見る限り、オーバーウォッチ リーグは素晴らしいスタートを切ることができています。シーズンの今後が非常に楽しみです。オーバーウォッチ リーグはeスポーツが持つ力と可能性を示しています。今後もBlizzardとのパートナーシップを拡大していくことを楽しみにしています。

チケットは好評発売中

また、アメリカ・カリフォルニア州バーバンクのBlizzardアリーナ・ロサンゼルスで開催中のステージ1チケットは現在発売中でコチラから購入可能です。現地へ赴くのは少々難易度が高いですが、生の試合観戦に興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

試合内容はネットでも配信

現地へ赴かずとも試合内容はすべてネット配信され、Twitch、www.mlg.com、MLGアプリ、www.overwatchleague.com、そしてオーバーウォッチリーグ・アプリで観ることができます。またパソコンをお持ちの方は、デスクトップ版Blizzard Battle.net Appのオーバーウォッチ リーグタブからも試合を観戦することができます。

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

Source:PressRelease

RECOMMEND