『スーパーマリオ』がアニメ映画化決定、映画「怪盗グルーの月泥棒」などを手掛けたスタジオと共同制作

『スーパーマリオ』がアニメ映画化決定、映画「怪盗グルーの月泥棒」などを手掛けたスタジオと共同制作

イルミネーションと任天堂株式会社は本日(2月1日)、人気ゲームシリーズの『スーパーマリオ』をアニメ映画化することを発表しました。発表時点で企画開発をすでに開始しており、映画「怪盗グルーの月泥棒」や「ミニオンズ」を手掛けたイルミネーションと共同で制作にあたるとのこと。

※画像はNintendo switch用タイトル『スーパーマリオ オデッセイ』

また、本プロジェクトのプロデューサーにはイルミネーション創業者兼代表のChris Meledandri氏と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同で担当します。映画にはUniversal Picturesと任天堂が出資し、配給はUniversal Picturesが全世界に行います。

公開時期やどのような作品になるかなど詳細は明かされていませんが、『スーパーマリオ』生みの親である宮本茂氏も共同で制作にあたることから、任天堂ファンにも納得のできとなることが伺えます。

会社コメント

任天堂はこのプロジェクトを通じて、ゲーム以外の形においても任天堂IP(知的財産)を積極的に活用し、世界中で一人でも多くの皆様を笑顔にするための努力を続けてまいります。

イルミネーションはこのプロジェクトを通じて、世界中の全年齢のお客様に、スーパーマリオという世界で最も有名なフランチャイズの愛されるキャラクターとストーリーに繋がっていただき、全てのプロパティに喜びと発見を注入するという会社の命題の達成に取り組み続けます。

Source: nintendo.co.jp

コメントする

RECOMMEND