オーバーウォッチ: アップデート発表、害悪プレイヤーの回避機能や5人のヒーローに強化弱体化など

オーバーウォッチ: アップデート発表、害悪プレイヤーの回避機能や5人のヒーローに強化弱体化など

『Overwatch(オーバーウォッチ)』のパブリックテスト環境(PTR)へ最新のアップデート3月24日配信、パッチノートが公開されました。新マップBlizzard Worldの防衛有利だったポイントの変更を初め、多くのプレイヤーの念願だった害悪プレイヤーの一時的BAN、通報メニューの改善、D.Vaとゼニヤッタの弱体化、メイとリーパーの強化などが適用されています。

オーバーウォッチ アップデート(3月24日・PTR)

マップ

Blizzard World

  • 最初のペイロードチェックポイント(Pylon Terrace)を10m後方に移動

開発者コメント: チェックポイントを後ろに移動した理由は2つあります。元の場所は、マップのバランスが防衛側に大きく有利に働いていました。また、ペイロードがチェックポイントに達すると、スポーンから復帰した防衛側がこのエリアに固定される可能性があり、その結果多くの場合においてデスに至っていました。

全体

全般

  • プレイヤーはキャリアプロフィールのドロップダウンメニューから「このプレイヤーを回避」を選択できるように

開発者コメント: 「このプレイヤーを回避」オプションの追加により、プレイヤーは自身のオンラインゲームプレイ体験を選択できるようになります。プレイヤーに対して「このプレイヤーを回避」オプションを使用すると、マッチメイキングシステムは1週間、指定されたプレーヤーのチームにあなたを入れることは入れることはありません。

通報メニュー

  • ド​​ロップダウンメニューから「非協力的」のオプションを削除
  • ド​​ロップダウンメニューから「迷惑行為」のオプションを「妨害行為」に改名

開発者コメント: 劣ったゲームプレイか、有害なゲームプレイをするプレイヤーを報告する最も適切なカテゴリに関して、プレイヤーに混乱が生まれていました。このため、報告システムから「非協力的」オプションを削除します。ゲームの仕組みを利用したり、自らの行動で自チームをわざと嫌がらせたり混乱させたりするプレイヤーを通報するときに、代わりに「妨害行為」オプションを使用することになります。調子が悪い試合は誰にでもありえるので、プレイヤーのパフォーマンスが悪いだけで報告されるべきではありません。

ヒーロー

  • ソンブラの「敵をハックした回数」ラウンド終了カードに攻撃的なアシストも表示されるように
  • ブリギッテのゴールド武器でシールドも金色になるように変更
  • マーシーの「ヴァルキリー」ボイス・ラインを変更

ユーザーインターフェイス

  • ロールごとのヒーロー選択のヒントを簡略化

ヒーロー

D.Va

  • マイクロ・ミサイル
    • 爆発ダメージを6から4に減少

開発者コメント:D.Vaの瞬間ダメージのポテンシャルは少し高すぎます。彼女のマイクロミサイルがその大きな原因です。現在、各ミサイルは直撃ダメージ3と爆発ダメージ6を与えます。爆発ダメージを6から4に減らしていますが、直撃ダメージは同じままです。このため、最終的には22%のダメージ削減となります。

メイ

  • 凍結ブラスター
    • 敵を貫通するようになった

開発者コメント: 今回の変更はメイが密集した複数のターゲットと戦うのに役立つほか、他の敵が射線に入ったとしても特定のターゲットをフリーズし続けることがより簡単になります。また、特に敵が密集している場合、彼女のアルティメットでより多くのターゲットをより安定して凍結できようになります。注:彼女のショットは敵を貫通しますが、ラインハルトの盾のようなバリアを貫通することはできません。

リーパー

  • デス・ブロッサム
    • 使用後にヘルファイア・ショットガンをリロードするようになった
  • レイス・フォーム
    • 移動速度ボーナスを25%から50%に増加
    • シフトキーかプライマリ武器のホットキーでキャンセルできるようになった

開発者コメント:今回の変更はリーパーがレイス・フォームを脱出手段としてより安定して使用するのに役立ちますが、キーとなるターゲットを追跡する際の新たな手段としても機能します。

モイラ

  • バイオティック・グラスプ
    • ターゲットに近づくと透明度が増加するようになった
  • コアレッセンス
    • 視覚効果がプレーヤーのカメラに近いほど透明度が増加するようになった
  • フェード
    • ターゲットに近づくと透明度が増加するようになった

開発者コメント: 視認性の問題により、モイラの視覚効果のほとんどをカメラに近づくほどフェードするようにしました。 また、コアレッセンスに修正を加え、敵や味方が相対したときの視認性を大幅に向上させました。

ゼニヤッタ

  • 破壊のオーブ
    • セカンダリの発射レートを15%減少

開発者コメント:ゼニヤッタはサポートの中でも、多くのダメージを与えることができるように設計されていますが、彼のセカンダリの瞬間ダメージは少し高すぎました。今回の変更により、全体のダメージは同じになりますが、DPSはわずかに下がり、超長距離で複数のショットを当てるのが難しくなります。

ユーザーインターフェイス

全体

  • ヒーロー選択時にアイコンをダブルクリックすることで選択できるように
  • ライバル・プレイ情報画面にリーダーボード情報を追加。ライバル・プレイカードのメニューを右クリックすることでアクセスできます

ゲームブラウザ・カスタムゲーム

全体

  • アーケードのロックアウトエリミネーションカードの名称を、エリミネーションに変更

バグ修正

ヒーロー

  • バスティオンがタンクモードに変形した直後に射撃が行えなかったバグを修正
  • タンクモードへの変形中にバスティオンがノックバックされないバグを修正
  • ブリギッテの衝撃エフェクトが、環境をヒットした場合に再生されない問題を修正
  • シールドバッシュを使用したあとにブリギッテのエイムが僅かにオフセットされていた問題を修正
  • メテオストライク中のドゥームフィストを観戦していると、カメラが揺れてしまうバグを修正
  • 出っ張りの近くに立っていると、ドゥームフィストのメテオストライクが表示通りの場所に落ちないバグを修正
  • ドゥームフィストのメテオストライクが想定外の場所にアクセスできていたバグを修正
  • ドゥームフィストのメテオストライクで、下降している時に角度のついた地面を貫通してしまっていたバグを修正
  • ドゥームフィストのロケットパンチが敵に衝突しないバグを修正
  • ジャンクラットがRIPタイヤを操縦中にノックバックしないバグを修正
  • オリーサの「ストップ!」が時おり壁の裏の敵にも影響を与えていたバグを修正
  • 特定のスキンを装備している際に、ヒーロー選択画面でマクリーのピースキーパーが大幅に増大するバグを修正
  • モイラのバイオティック・オーブがメイのアイスウォールを貫通するバグを修正
  • トレーサーのリコールがプレイヤーのレイテンシーによって起動の仕方が異なっていたバグを修正

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

Source: Overwatch Forums

RECOMMEND