フォートナイト バトルロイヤル: 建築のさらなる弱体化を検討

フォートナイト バトルロイヤル: 建築のさらなる弱体化を検討

NIntendo Switch版も配信され、今一番波に乗っているバトルロイヤルゲーム『Fortnite Battle Royale(フォートナイト バトルロイヤル)』。このゲーム最大の特徴は何より自分で遮蔽物を作れる「建築」要素ですが、Epic Gamesはこれを弱体化するようです。

幅広いプレイスタイルを確保する

以前アップデートv4.3にて素材ドロップやショットガンの弱体化が行われましたが、Epic Gamesは今回さらに資材の上限も変更を予定しているとのこと。現環境ではショットガン、ロケットランチャーが強く、建築もほぼ際限なくできるため、「作って上に行ってショットガン」といったプレイスタイルばかりになっていると説明。これを弱体化することで幅広いプレイスタイルとカウンタープレイを確保するとしています。

確かにショットガンは現在鉄板となっていますが、建築を弱体化するという方針にはコミュニティからかなり批判されています。Epic Gamesはダブルポンプショットガン対策に武器切り替え時間を導入したときも批判を食らい、これを緩和したことがあります。

Peeking, Weapon Swapping, and Guided Missile from FortNiteBR

もちろん実際のアップデートが配信されるまでは分かりませんが、優れた建築テクニックがNinja氏やニック氏などの有名ストリーマーを生み出したのも事実。果たしてどういった舵取りを行うのでしょうか。

I can’t believe I used the new Jump Pad to launch an enemy into my trap tower!

日本語版『フォートナイト バトルロイヤル』の配信日は3月8日で、対象機種はPS4 / Xbox One / Nintendo Switch /PC / Mac / iOS / Android。

Source: Epic Games