CoD:WWII: 新イベント「自由への反撃」開幕、4種の新武器追加やゾンビユニフォーム、ダブルXPなど

CoD:WWII: 新イベント「自由への反撃」開幕、4種の新武器追加やゾンビユニフォーム、ダブルXPなど

Sledgehammer Gamesは『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』の新たなコミュニティイベント「自由への反撃(Liberty Strike)」を開催、告知トレーラーを公開しました。開催期間は日本時間7月25日午前2時までで、4種の新武器、ゲームモードの復帰、新しいコミュニティチャレンジなどが用意されています。

CoD:WWII 新コミュニティイベント「自由への反撃」

Official Call of Duty®: WWII – “Liberty Strike” Community Event Trailer

4種の新武器

新武器は先日リークされた3種の武器と一致。3種ではなくもうひとつ存在していたことになります。

  • ZK-383: 近距離の「ファストファイア」モードと長距離用の「スローファイア」モードを切り替えることができるサブマシンガン。

  • AVS-36(シモノフM1936):高いダメージと中程度のファイアレートと反動を備えたオートライフル。

  • De Lisle(デ・リーズル):サプレッサー内蔵のボルトアクションスナイパーライフル。胴より上ならワンショットキル。

  • プッシュダガー: 小さいながら高い致死率を誇るナイフで、ワンヒットキル確定。

ダブルXPイベント

One ShotやHardcore Ricochetなどで開催。

新装備

世界中の国々の武器チャーム、ユニフォーム、迷彩

新コミュニティチャレンジ

ゴールはマルチプレイヤーの2億6,000万試合の勝利で、報酬は新コーリングカード、エンブレム、武器チャーム、2種の武器バリアント(American II M1911とIndependent II M1 Grand)。

ゾンビユニフォーム

指令と契約達成で獲得できる、マルチプレイヤーで使用可能なゾンビの衣装。

『CoD:WWII』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: callofduty