ローグライクFPS『MOTHERGUNSHIP』が7月17日リリース、自由度高すぎ武器とマップ変化が特徴(無料デモ配信中)

ローグライクFPS『MOTHERGUNSHIP』が7月17日リリース、自由度高すぎ武器とマップ変化が特徴(無料デモ配信中)

チェコのゲームデベロッパーGrip Digitalは、ローグライクFPS『MOTHERGUNSHIP(マザーガンシップ)』を7月17日にSteamから発売すると発表、銃弾まみれで変態銃だらけのお披露目トレーラーが公開されています。対応機種はPC、海外PS4/Xbox One、価格は24.99ドルとなっています。

エイリアンの全滅を目指し、敵戦艦内部に突入

『MOTHERGUNSHIP』では機械型のエイリアンが地球を襲撃してきます。プレイヤーはロボット・エイリアンの全滅を目指すレジスタンスとなり、敵の戦艦内部に突入し中枢部を攻撃します。現在無料のデモが配信されているので試してみては。

MOTHERGUNSHIP – Launch Date Trailer

無料デモダウンロード

銃器の改造が自由自在

ローグライクFPSということもあり、戦艦内部のマップは定まっておらず、プレイするごとにランダムに変化します。もう一つの大きな特徴は、敵を倒して集めたパーツで銃器の改造が自由自在にできることです。一定の条件さえ満たせば、銃口や銃身などのさまざまなパーツを組み合わせることによって、銃口が垂直にならぶ銃やガトリングガンが8つついた銃、自爆できる銃、自撮り棒風の銃、でかすぎて画面の1/3が見えない銃などなど、独創的すぎて個性豊かすぎる武器を製造できます。

『MOTHERGUNSHIP』は、7月17日にSteamでリリースされ、価格は24.99ドル。また、8月には「Sold Out」からPlayStation4版とXboxOne版が海外でリリース予定です。

Source: MOTHERGUNSHIP