CoD:BO4:国内Amazonで予約受付開始、PS4本体同梱版など多数の種類

CoD:BO4:国内Amazonで予約受付開始、PS4本体同梱版など多数の種類

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが、『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日を海外版と同日の10月12日に日本国内に向けて発売すると発表、予約の受付を開始しましたが、国内Amazon.co.jpでPlayStation 4同梱版を含む多数のエディションの予約受付も開始されました。

CoD:BO4 Amazon.co.jpで予約受付開始

通常版

Amazon.co.jp限定

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB 同梱

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB 同梱

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB 同梱

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 1TB 同梱

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB 同梱

どれを変えばいいの?

まだAmazon.co.jp限定の特典は決まっていないのでそれが決定してからで良いかもしれませんが、価格は同じなのでゲーム単体のAmazon.co.jp限定版を購入しておくのがオススメ。ただし特典なし版が今後安くなることも考えられます。

PS4同梱版の価格面をみていくと、PS4 500GB同梱版は約39,400円、PS4 1TB同梱版は約44,000円、PlayStation 4 Pro同梱版は約54,900円です。そしてPlayStation 4 500GB単体は約30,900円、PlayStation 4 1TB単体は約36,000円、PlayStation 4 Pro単体は46,400円。

『CoD:BO4』単体が8,532円なのでセットによる価格差は誤差の範囲で明確なメリットはなく、『CoD:BO3』の時にリリースされた限定仕様でもないので、「ついでにPlayStation 4を購入する」というユーザー以外はゲーム単体のAmazon限定版がお得だと思われます。※執筆時の価格で比較

もちろんデジタル版も用意されているのでそちらもチェックしておきましょう。価格はパッケージ版と同じですが、気になるのはPS Store限定予約購入特典として『CoD:BO3』で利用できる「Back in Black」マップとPS4用テーマ、「デジタルデラックス改」に含まれるデジタルデラックスボーナスアイテムなど。

「Back in Black」はいずれ無料配布となりそうですが、いち早くプレイしたいファンはダウンロード版を検討したほうが良いかもしれません。

発売まであと100日となった『CoD:BO4』。もっとも気になるバトルロイヤルモード「ブラックアウト」を初め、今後の続報にご期待ください。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。