PS VR:上海ゾンビアクションシューター『ザ・ウォーカー』リリース、古代の武器と中国の護符を駆使

PS VR:上海ゾンビアクションシューター『ザ・ウォーカー』リリース、古代の武器と中国の護符を駆使

Winking Entertainmentは、PS VR向けアクションシューター『The Walker(ザ・ウォーカー)』をPlayStation Storeでリリースしました。価格は2,700円(税込)。『The Walker』は中国は上海を舞台にしたVRアクションシューターで、ソニーより「China Hero Project」に選出され、2017 Golden Plume Award for Best VR Gameも受賞したタイトル。プレイヤーは中国の呪術と武器を駆使しながらクリーチャーと戦闘を繰り広げます。

護符を活用し、魔力を有する武器でクリーチャーを攻撃

The Walker – Gameplay Trailer | PS VR

同作の舞台は過去の上海で、プレイヤーはゾンビや死霊などのクリーチャーから街を守るため、鬼祓い(方相氏)として闇に潜み、360度全方向から迫ってくるクリーチャーに古代の武器と中国の護符を使用し戦いを挑みます。

長剣を使いこなすと敵の攻撃回避や阻止が可能となるほか、護符には魔力が宿っていることから、武器に多彩な魔力を与えることが可能です。使用できる呪術は氷・雷の2種類で、環境に応じて有利な呪文を使い分けながらクリーチャーを攻撃します。
PS VR:上海ゾンビアクションシューター『ザ・ウォーカー』リリース、古代の武器と中国の護符を駆使

過去の上海を舞台としていることから、歴史的な上海の建築物が再現されていますが、歴史的建築物のみならず現代の地下鉄も再現されており、異なる時代の美しい上海を体感できるとのこと。過去と現代のギャップを楽しむことができるのでしょうか。

PS VR:上海を舞台としたゾンビアクションシューター『ザ・ウォーカー』リリース、古代の武器と中国の護符を駆使

PS VR:上海を舞台としたゾンビアクションシューター『ザ・ウォーカー』リリース、古代の武器と中国の護符を駆使

同作の特徴はシューティングアクションと近距離戦が融合している点です。ボスと近距離戦を繰り広げるシーンは手に汗握る展開となることでしょう。また、5つのステージマップと3つの難易度、特殊なラッシュモードが実装されており、長期間にわたってじっくりとプレイを楽むことができそうです。

ゲームの特徴

  1. 一人称VRシューティングアクションと近距離戦が融合
  2. 護符で武器に多彩な魔力を与え、火力アップ
  3. 長剣で敵の打撃を回避、阻止
  4. あらゆる方向から襲いかかる様々な不死身のモンスターと戦闘
  5. 5つのステージマップ、3つの難易度、特殊なラッシュモード

使用できる呪術は氷・雷の2種類で、環境に応じて有利な呪文を使い分けながらクリーチャーを攻撃します。

ダウンロードPlayStation Store

Source: Sony Interactive Entertainment