CWL GPL:シーズン2優勝はTeam Kaliber、チーム分裂危機を乗り越えての栄冠

CWL GPL:シーズン2優勝はTeam Kaliber、チーム分裂危機を乗り越えての栄冠

7月28日から開催された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』の公式大会「CWL グローバルプロリーグ シーズン2」プレイオフですが、結果は見事Team Kaliberが優勝。「CWL ニューオーリンズ」以来のトロフィーを手に入れました。

6大会ぶりの王者

グランドファイナルでは、勝者側決勝で倒したRise Nationと再戦。しかし2-3で負けてしまい第2試合にもつれ込みます。1-1で迎えたArdennes ForestのCTFでは、貴重な1ポイントをAccuracy選手のトリプルキルなどで守りきります。

最後はハードポイントで60ポイント差をつけての勝利となりました。

Rise Nation vs.Team Kaliber | CWL Pro League Stage 2 Playoffs | #BO5 Grand Finals

Rise Nation vs.Team Kaliber | CWL Pro League Stage 2 Playoffs | 2nd #BO5 Grand Finals

TKは今シーズン「CWL ダラス」「CWL ニューオーリンズ」で2連覇するも、以降は大きく順位を落とします。4月にはARスレイヤーの中でも屈指の腕前を誇るChino選手を失い、大会前にはKenny選手が脱退を示唆するなどチーム分裂の危機にありましたが、今回それを乗り越えて栄冠を掴むこととなりました。

順位と賞金

  1. Team Kaliber(212,500ドル)
  2. Rise Nation(132,500ドル)
  3. Red Reserve(92,500ドル)
  4. eUnited(52,500ドル)
  5. FaZe Clan(32,500ドル)
  6. UNILAD(32,500ドル)
  7. Echo Fox(22,500ドル)
  8. Optic Gaming(22,500ドル)

次はいよいよCWL Championship。再びチームが1つになったTKか、同じくシーズン優勝3回のRiseか、はたまた別のチームが現れるのか目が離せません。

『CoD:WWII』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。