Fallout 76:B.E.T.A.後の改善内容発表、スタッシュの容量拡張や複数の改善

Fallout 76:B.E.T.A.後の改善内容発表、スタッシュの容量拡張や複数の改善

ローンチ前の最後のB.E.T.A.が控えている『Fallout 76 (フォールアウト 76)』ですが、開発元のBethesdaがB.E.T.A.へのフィードバックへ感謝するとともに、今後のアップデート内容を明らかにしました。

Fallout 76 今後のアップデート内容

B.E.T.A.期間中に寄せられたフィードバックの中から特に要望が多かった点に、Bethesdaがなぜそのような決定をしたか、どのような修正を予定しているかなどの意見を述べています。

  • ウルトラワイド対応
    • ローンチ後に21:9に対応。 対応時期はパッチノートに記載予定。
  • スタッシュ容量の拡大
    • スタッシュの容量についての意見と不満は把握している。400という制限は時間が経つにつれて慣れていくだろうが、今後拡張を予定。
  • プッシュ・トゥ・トーク
    • PC版プレイヤーからプッシュ・トゥ・トークの実装を望む声が多い。
    • 他のプレイヤーの声が聞こえることでゲームが生きていると感じさせるのが目的。まずはこのままゲームを開始させて今後近いうちにオプションの追加を検討。
  • FOVスライダー
    • これまでの作品にもFOVスライダーを実装しなかったように今作でも予定はなし。これは多数のアニメーションが壊れ多くのクリッピングが発生するため。
    • 3人称視点はPCならマウスホイールを長押ししてマウスを操作すると視野角調整が可能。1人称視点は不可。
  • エクスプロイト
    • これまでに報告されている多数のエクスプロイトは、今後のアップデートで修正予定。
  • ソーシャルメニューとフレンドやチームの招待
    • これまでの問題はほとんど修正済み。 今後も問題が表面化したら可能な限り迅速に修正する。
  • 空腹が満たされない
    • 何を食べても「空腹バー」が満たされない問題は解決済み。修正が完了しアップデートに収録予定。
  • うるさい銃声/ノイズ
    • アパラチアで突然聞こえる大きな銃声やノイズは、ローンチ近くのアップデートで修正。

以上がBethesdaによる回答です。 特に要望が多いスタッシュのサイズ、プッシュ・トゥ・トーク、FOVスライダーについてBethesdaは「今後〜」という言葉を使っている点に対し、コミュニティからは「ローンチ時」に対応してほしいという声が多く寄せられています。

ファンは一刻も速く修正を望むのは当然ですが、Bethesda側のリソースが限られているのも確か。とはいえBethesdaはプッシュ・トゥ・トークの予定を「今後〜」から「近く」に変更するなど、コミュニティへの要望に応えようという姿勢も垣間見えます。続報に期待しましょう。

『Fallout 76(フォールアウト 76)』の発売日は2018年11月15日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit