東京都が「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮)」開催発表、5000万円予算投入

東京都が「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮)」開催発表、5000万円予算投入

アジア各国においても著しい成長をみせるeスポーツに関して、2019年1月6日(日)、東京都が2019年度中にeスポーツの競技大会「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」を開催する事を開催することを発表しました。

「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」の目的

2018年のアジア大会で公式競技として採用されるなど、盛り上がりを見せているeスポーツを支援し、ゲームやアニメなど関連する分野での産業振興を目指します。

現時点での開催日時や会場は未定ですが、競技大会は2日間にわたって行われ、大会エリアではeスポーツに関連する中小企業のブースも出店予定です。

今回開催される「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」には、大会経費の一部として5000万円の予算が投入される予定です。

日本でのeスポーツ大会の開催には課題も

しかし現在の日本は、他の国に比べてeスポーツの普及が遅れています。その理由として、日本は他の国と比べてeスポーツへの理解が少ないのが挙げられます。

今後、日本でのeスポーツの振興のためには、イベント運営や広報活動だけでなく、eスポーツへの理解と参加するプレイヤーやチームの発展に繋がるような仕組みが必要です。

今回開催される「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮)」が、日本のeスポーツ業界の良い前例となるよう今後も注目していきたいと思います。

Source: 日本経済新聞

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 舛添

    東京都知事
    5000万円
    ・・・うっ、頭が

  2. By Head Shot!

    どうせモンストとかシャドバとかスプラとかクソほどしょーもないアホみたいな国産ゲーやろ

    • By CODズ

      うーんこーのFPSキッズ

    • By バカボット

      お前はまず、国際ゲームやスマホゲームに対するクソみたいな偏見を除いてこい。

  3. By あ

    この5000万ってどこから出てくる金なの?

  4. By しょうき

    Eスポーツがより広く認知されて、認められるようになるきっかけになるかなぁ。一応公的な機関が主導するんやし

コメントする